« 鯛ラバ御三家 | トップページ | 静かなる漁場を求めて »

2010年6月28日 (月)

鯛ラバ自作デビュー

根掛かりで鯛ラバを失うことが多い。カヤックを操船して回収できるケースもあるけど、常に成功するとはかぎらない。

鯛ラバは1個千円前後する。釣行のたびにロストでは財布に痛い。そこで自作することにした。

『マダイラバージギング&インチクの世界』という本を参考にして試作品を作る。材料の鯛玉オモリはちかくの釣具店になかったのでネットで注文。鯛玉にはめこむダイヤ(目玉)も併せて購入した。

とりあえず10号の鯛玉で作ってみた。10号=37.5gなので使用頻度が一番高そう。さらに12号(45g)でも作ってみる。こちらはラバースカートを付けずにネクタイだけでシンプルにまとめる(というか単なる手抜き)。

S100629w6_03e
10号の鯛玉による試作品。塗装はメンドいのでナシ

作ったら早く試釣したくなった。安あがりでも釣果がサッパリでは意味ないし・・・。コストパフォーマンスはいかに?

例によって昼過ぎに出艇。南の風4~5メートル。波は高くないがウネリがある。大潮なので潮の流れが速い。カヤックフィッシングの条件としてはイマイチか。

まずは過去の実績が高い市販品をチョイス。何匹か釣ったら自作の鯛ラバに切り替えるつもりだった。狙うはもちろんデカタマン。

何度かアタリはあるものの食いが浅くて針がかりしない。干潮のピークを過ぎて上げ潮へシフトした頃にやっと小気味よい引きでムルーが釣れる。

S100628w6_03e

その後、初めてのポイントを広範囲に探ってみたが、バラシが数回あっただけでエモノ獲得には至らない。全体に渋いなぁという印象だった。

これなら釣れなくても仕方ないやという状況で自作の鯛ラバ(10号)を取りだす。ほどなくミーバイ特有のひったくるようなアタリ。あっさりとヤミハタが釣れる。自作鯛ラバ、けっこうイケるじゃん。

S100628w6_07e

サカナの食事タイムに突入したらしい。続いてアタリ。お馴染みのキレイな魚が姿をあらわす。

S100628w6_11e
ヒトスジタマガシラ(31㎝)

次はいよいよタマンだなと思う。時間はあまり残されていない。スコールのような雨も降ってきた。自作鯛ラバによる初タマンゲットに向けて意識を集中させる。

結果はノーバイト。それでも、自作した鯛ラバでも釣れることを証明できた。鯛ラバ自作用にバーブレスの針(伊勢尼10号)も大量に購入。これで鯛ラバの量産体制を確立できそうだ。

一方、試作品なので工夫の余地も残っている。次のステップは鯛玉への塗装か。鯛ラバの色塗りにはマニキュアを使うのが一般的らしい。モノは百均で十分だろう。中年のオッサンがマニキュア売り場をウロウロするのはハズいんだけど・・・。

|

« 鯛ラバ御三家 | トップページ | 静かなる漁場を求めて »

コメント

こんにちは。
どんどん進歩していってますね。

こちらは休みの日と天気(風)が合わなくて、
全然出艇してません。
カナディアンは風に弱いうえ、私は船酔い持ちという
最悪のコンビです。
リーフで釣りしつつ、こちらのブログ拝見して
出艇できる日を妄想してます。

投稿: みぞゆう | 2010年7月 5日 (月) 10時31分

みぞゆうさん、こんにちは。最近は風が強くてダメですね。長く浮かばずにいるとストレスがたまるので、風が弱めな朝の2~3時間だけでも出艇しようかと考えています。

鯛ラバは魚の活性が高いときはいいのですが、釣れないとひたすらリールを巻くだけなので退屈します。いま目をつけているのはひとつテンヤ。エサに冷凍エビを使うのでアタリも多そうだし、シャクるアクションが加わるので楽しめそうです。

投稿: tokajar | 2010年7月 5日 (月) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鯛ラバ御三家 | トップページ | 静かなる漁場を求めて »