« 夕映えのタマン | トップページ | ハムシの海 »

2010年6月 3日 (木)

釣魚のサイズ

晴れてはいないが雨も降らないので今日もカヤックフィッシング(ほとんどビョーキ)。予報では東の風4メートルだった。マイカヤックでは風速4メートルがぎりぎりの出艇ライン。風がつよいと仕掛けが流されて釣りにくいし、波も高くなって危険がともなう。

海上にでるとやはり風が強めだった。沖に出るのはやめて近場を攻める。といっても水深は20メートル以上。30gの鯛ラバがいい仕事をしてくれそうな予感がする。

S100603w6_02
魚を計測するために購入したオフトのメジャープレート

お待ちかねのカツカツググーッというアタリ。ドラグが鳴って何度かラインが引き出される。鯛ラバが軽いので魚の引きがダイレクトに伝わってくる。釣趣という点では鯛ラバは軽いほうが楽しい。

最初のエモノは丸々と太ったタマン。さっそくメジャープレートで測ると43センチ。40センチを超えるタマンは引きが強くて迫力満点だ。

S100603w6_05e

しばらくアタリが途絶えたのですこし沖へでる。底が取りやすいように鯛ラバを60gに変更する。ほどなくアタリ。これも引きが強くて良型の予感。果たして本日2匹目となる40センチオーバーのタマンだった。

S100603w6_06e
41センチのタマン

鯛ラバを30gから60gに替えたせいか、引きの感触が違っていた。軽い鯛ラバを使用したときと比べると大味に感じられる。最初から60gで釣りをしていれば特に意識しないのだろうけど。

軽い鯛ラバに再チェンジして岸寄りを流す。小型のクチナジとムルーが釣れる。そのあと大きなアタリ。最初の突っ込みをかわすと抵抗は弱まった。と、再度の激しい突っ込み。浮上してきたのは赤い魚。アカジンっぽい。心臓の鼓動が急に高まる。が、海面の直前でバレてしまった。残念!

風がつよく波もあるが、魚の活性は高いみたい。その後もアタリは続き、常連のヒトスジタマガシラのほか、初対面のイジュキン(シャムイトヨリ?)が釣れる。

S100603w6_09e
ヒトスジタマガシラ(25㎝)
S100603w6_13e
イジュキン(31㎝)

風が強めなので、カヤックが流されるペースが速い。釣りの開始ポイントまで風に向かって漕ぎながら戻る。向かい風がつよいとルームランナー状態になるが、今日はそこまでつよくない。シブキを浴びながら波頭を越えて進むのは疲れるけど、爽快感もある。これが自分にとってのマリンスポーツなのだと思う。

あと一匹と意地きたなく粘ったものの、ピンクのイジュキンが最後のエモノとなった。それでも、初めての魚と出会えてトクをした気分。

魚を載せて測れるメジャープレートはやはり便利。これまでの"目測"がかなりアバウトなのは自分でも意識していた。思い出すたびに魚がサイズアップしていく妄想ともこれでサヨウナラ。

|

« 夕映えのタマン | トップページ | ハムシの海 »

コメント

名護の西海岸ですか?
タマン率凄く高いっすね!
スゲェshock

投稿: ニール | 2010年6月12日 (土) 21時11分

名護周辺の西海岸です。
タマンには鯛ラバが効くみたいですね。
アタリがないと退屈しますが・・・。

投稿: tokajar | 2010年6月13日 (日) 07時37分

満潮前後に海出てるんですかsign02

親父がカヤックで釣りしてて、自分も梅雨明けからデビュー考えてて
参考にさせてくださいsign03

投稿: ニール | 2010年6月13日 (日) 13時08分

潮位は特に意識していません。風が弱い日(時間帯)を選んでカヤックを出すようにしています。釣果は運次第ということで・・・。

投稿: tokajar | 2010年6月14日 (月) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕映えのタマン | トップページ | ハムシの海 »