« 読書の夏 | トップページ | 名護の3店セット »

2010年7月23日 (金)

リハビリ・カヤック

カヤックのことはしばらく忘れて読書にいそしむつもりだった。活字から目を転じると青い海が視界に飛びこんでくる。本を閉じてベランダへ。心は海原を浮遊している。

腰痛もものかは、気がつくといそいそと釣り支度をはじめていた。カヤックで痛めた腰はカヤックで治す・・・などと呟きながら。

午後2時過ぎに岸払い。ササッと漕げば釣りができる近場のポイントへ向かう。リハビリ釣行なので3時間ほどで切り上げるつもりだった。

雨混じりの曇り空。波が穏やかなので漕ぎやすい。沖へ出るにつれて開放感が広がっていく。腰も全然痛くない。やはり、カヤッカーは海に浮かんでナンボ・・・。

鯛ラバの数投目、ユルユルとリールを巻いていると激しいアタリで竿先が海中に持っていかれる。ドラグが鳴ってライン放出。シーアンカーが近づいてきた。カヤックが魚に引っぱられている。

ガーラに間違いない。ゴン、ゴンと体を振る重い感触が伝わってくる。前回の釣行で取り込む寸前にバラした光景が頭に浮かんだ。無理をせずに時間をかけてやりとりする。

ほの白い魚体が浮いてくる。旋回しながら海中を泳いでいる。慎重にリールを巻きながら無事にネットイン。

S100722w6_02e
S100722w6_04e
60㎝のガーラ。とても嬉しい・・・。

すこし沖へ出て潮目の周辺で釣りを再開する。潮の条件が良かったのか、その後もアタリはつづき、竿が絞め込まれる。

S100722w6_05e
オーマチ。48㎝
S100722w6_07e
アマクチャー(サザナミダイ)。32㎝
S100722w6_16e
ヘンな魚。名前は知らない。28㎝

2週間ぶりの海は穏やかで豊かだった。気がつくと6時をまわっている。短時間のリハビリ釣行のつもりが、魚の活性が高いので切り上げるタイミングがつかめない。そろそろかなぁと思いはじめたときにアタリ。パワフルでトルクのある引き。タマンっぽい。

果たして浮いてきたのは黄色みを帯びた魚。エンディングがタマンなんて出来すぎ!と思っていたらバレてしまった。嗚呼・・・。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌朝、対面できなかったタマンを求めて2日連続のカヤックフィッシングへ。なんかもう着火しちゃったみたい。

前日のポイントで釣りを開始。風がやや強く、波があって釣りにくい。鯛ラバの投入を繰り返すがアタリはない。今日はダメかなぁと思いはじめた頃に待望のアタリ。

シャープでパワフルな引き。竿先が何度も海中に引きずり込まれる。突っ込まれては耐え、じりじりとリールを巻く。そして姿を現したエモノは・・・。

S100723w6_03e
アマクチャー(サザナミダイ)。48㎝。
S100723w6_05e
シルイユー族のなかでは最も美味しいらしい。

結局、2日目は寝不足+風波で2時間ほどで撤退することに・・・。狙いのタマンはアマクチャーに化けてしまったけど、マダイの三段引きを思わせる強烈な引きを体験できて大満足だった。鯛ラバの新たな有力ターゲットになりそうな気がする。

8月から心を入れ替えて仕事に励むつもりだったけど、腰痛によるロスタイムがあることに気がついた。その分をキッチリ消化してからでも遅くはない。こんなふうに言い訳してはズルズルと浮かび続けるんだろうな、きっと・・・。

|

« 読書の夏 | トップページ | 名護の3店セット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書の夏 | トップページ | 名護の3店セット »