« フルモニ始動 | トップページ | 夏の終わりに »

2010年8月12日 (木)

ウミガメとウミヘビの海

3週間ぶりのカヤックフィッシング。浜に着くと台風4号の影響でウネリが残っている。海の色もバスクリーンっぽい緑色で不自然な感じ。去年の今頃、台風後の大浦湾で漕いだときもこんな色だった。結局、釣果ナシに終わったのだが。

12時半頃に岸払い。沖へ向かってカヤックを漕いでいく。毎回、気分が高揚する瞬間だ。

いつものポイントで釣りを開始。時間帯が悪かったのか鯛ラバに反応がない。アタリがない状態が長引くにつれて、リールを巻く動作が単調に感じられてくる。飽きてくるのだ。

最初のエモノは色鮮やかなベラだった。初めて見るサカナ。でも、イマイチ嬉しくない。

S100812w6_04e
25㎝のベラ

緩慢なウネリに身を任せていると眠くなってきた。近くでプシュッと音がする。20メートルほど離れた海面にウミガメが浮上していた。あわててデジカメを取りだす。が、その姿はすでに消えていた。

ウミガメを目撃すると釣れないという話を思いだした。沖へ向かって場所を移動する。何投目かに待望のアタリ。ドラグが鳴ってラインが引き出される。キター!と思ったらフッと軽くなった。針の直前でラインが切れている。引きの感触から良型のオーマチっぽい。重い全身脱力感。

鯛ラバからインチクに変えて釣りを再開。ほどなくアタリ。引きが強くて何度も突っ込む。海面付近まで浮上しても衰えないパワーと闘志。45㎝のタマンだった。

S100812w6_08e
久しぶりのタマン。とても嬉しい。

そのあと小型のミーバイが釣れるが後が続かない。縞模様のウミヘビがカヤックの脇を身をくねらして泳いでいく。涼味満点の8月の夕べ。

S100812w6_11e

ゲームオーバーの時間が近づいていた。以前、良型のタマンを釣った岸寄りのポイントへ移動する。自作の鯛ラバを投入。リールをゆっくり巻いているとアタリ。ドラグが鳴って竿先が海面に突き刺さる。デカタマン、キター!と思ったら不意にフッと軽くなった。仕掛けを確認すると、PEラインとリーダーの結束箇所で切れている。

ショックが大きくてラインシステムを組み直す気にもなれない。岸へ向かってカヤックを漕ぎながら意気消沈していた。仕掛けの不備で大物を2匹も逃すとは・・・。なんとも後味の悪い幕切れ。これはもう、近日中にリベンジするしかないのかも。

|

« フルモニ始動 | トップページ | 夏の終わりに »

コメント

2週間くらい前にようやく本格的に外海カヌーフィッシングデビュー果たしました。
坊主でしたが。

とりあえず波の穏やかな所と考えて屋我地島と塩屋の間の湾の様な所で出艇しました。イカ餌で。
確かに波は穏やかなものの当たりも沖ではなく、
近場でも餌だけかじっていかれるだけでした。
底は沖の方は砂地のようで水深40m位ですかね。

明日は同じ所でリベンジしてきます。

投稿: みぞゆう | 2010年8月14日 (土) 21時09分

あの海域は波が穏やかでいいですね。緑が濃い周囲のロケーションも気に入りました。ただ、遠浅気味なので沖のポイントまで鬼漕ぎして疲れました(笑)。

リベンジ、実現するといいですね!

投稿: tokajar | 2010年8月15日 (日) 11時27分

はじめまして!
ジンベーと申します!
凄い釣果ですね♪
またお邪魔します!

投稿: ジンベー | 2010年8月15日 (日) 23時45分

コメント、ありがとうございます。今後は釣りに行く頻度が減りそうなので、これが今季最後のタマンになるかもしれません。

投稿: tokajar | 2010年8月16日 (月) 00時31分

リベンジ行きました。
坊主はまぬがれました。

かなり沖の方まで漕いでみましたが沖では全く当たりもなく、
ぎりぎり底が見えるような浅場でよくわからないミーバイとかカワハギのような魚(モンガラの仲間?)など釣れました。

確かに遠浅で、
水深30mを超えるくらいまで行こうと思うと、
古宇利島の方が近いんじゃないかと思ってしまいました。

風に弱いカナディアンなのでシーアンカー作ろうかと思います。

投稿: みぞゆう | 2010年8月17日 (火) 23時42分

釣果が得られてよかったですね。シーアンカーはあると便利ですよ。私は市販品の"ドリフトシュート"というのを使っていますが、コンパクトで持ち運びがラクで効果もそれなりに感じています。

投稿: tokajar | 2010年8月18日 (水) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フルモニ始動 | トップページ | 夏の終わりに »