« モーニング・カヤック | トップページ | ホリデー・カヤッカー »

2010年9月 1日 (水)

コンパス襲来

8月30日、気象庁の台風情報を見る。これはヤバいと思った。台風7号(Kompasu)の予想進路が沖縄本島を直撃している。しかも、ラインが引かれているのは名護のあたり。

台風が沖縄本島を直撃するのは数年ぶりのこと。前回の台風を体験したのは沖縄に来て初めて迎えた夏だった。鉄筋コンクリートの建物を揺さぶる凄まじい暴風雨。それにつづく7時間に及ぶ停電。内地のそれとは桁違いのパワーに恐怖を覚えた。アレがまたやってくるのか。

8月31日。今夜、台風が名護周辺を通過する見込みだった。台風に注意するように呼びかける放送が朝から繰り返し流れている。台風に備えて避難してきたのか、名護湾には見慣れぬ船が停泊している。

S100831w6_03e

海面は穏やかで風もそれほど強くない。台風接近という緊迫感は感じられない。本当に来るの? という感じ。昼過ぎに食事で外出したときも雨は降っていなかった。

夕方になって状況は一変した。時を追って風雨は強くなっていく。引っ越し後、初めて体験する直撃の台風。前のアパートではサッシのレールに水がたまり、じりじりと上昇する水位に血の気が失せる思いだった。

ここは大丈夫だろうかと気を揉んでいたら、西向きのサッシ窓から大量の水が侵入していることに気がついた。雑巾やタオルを総動員して水を除去する。吸い取った水を絞るたびにバケツの水が増えていく。

豪雨を浴びて網戸がサッシに張り付いている。台風の風向きに応じて網戸が左右に移動する。ベランダ側のサッシからも水の侵入が始まった。追加のバケツセットを手配する。

S100831w6_12e

慣れれば単純な作業だった。サッシのレールにタオルを敷き、水を吸ったらバケツに絞る。その繰り返し。あとは台風が通り過ぎるのをひたすら待つだけ。

水を絞る間隔が長くなってきた。台風は過ぎ去ろうとしていた。居合わせた内地からの来客と安堵の祝杯をあげる。停電を免れたのは幸いだった。

翌日、来客を那覇空港まで送りにいく。東江のガソリンスタンドで給油するつもりだった。が、そのスタンドが機能していない。停電のために利用できないという。その先のスタンドも停電中。58号を那覇方面へ進むにつれて、停電が広範囲に及んでいることがわかった。

その後、停電地帯を抜けて屋嘉ICへの分岐直前でめでたく給油。高速はとくに渋滞もなく、予想よりも早く空港に着くことができた。

3年ぶりに体験した沖縄の台風はやっぱりスゴかった。今回も驚いたのは暴風雨のなかをクルマが結構走っていたこと。必要に迫られても自分には無理だと改めて思った。

|

« モーニング・カヤック | トップページ | ホリデー・カヤッカー »

コメント

名護は大荒れだったのですね。
サッシからの浸水は経験があります。
お疲れ様でした。

ただ今那覇には9号が接近中です。
夕方に稲光と雷がありましたが、以外に静かです。

投稿: アラマ | 2010年9月 4日 (土) 22時54分

台風9号は思いのほかあっさりと通過してやれやれと思って洗濯物を干したら、午後からプチ暴風雨に・・・。取り込むタイミングを逃した洗濯物がベランダでしずくを垂らしながら踊っています (^_^;

投稿: tokajar | 2010年9月 5日 (日) 13時00分

以外に→意外に でした~。

台風9号も油断ならないですね。
沖縄では小物でしたが、粘り強く本土上陸もようです。

最近は専ら風呂場に除湿機を運んで干しています。電気代も案外安価で、お勧めです!

投稿: アラマ | 2010年9月 7日 (火) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーニング・カヤック | トップページ | ホリデー・カヤッカー »