« 赤紙配達 | トップページ | 海老でタマンを釣る »

2010年9月28日 (火)

粛々と圧力に屈す

政治家は粛々(しゅくしゅく)という言葉が好きらしい。先日起きた尖閣沖の衝突事件でも、この言葉を口にする閣僚の姿をたびたび目にした。日本の国内法に基づいて中国人船長を粛々と処分するみたいな。

馴染みのうすい言葉なので調べてみた。辞書の定義によると厳粛なさまを表すらしい。今回のケースでは、船長の取り調べと処分を毅然とした態度でやり抜くということなのか。そう勝手に解釈した。

だが、中国人船長は中国側の強い要求に応じて処分保留のまま釈放される。これも検察当局が国内法に基づいて粛々と判断した結果だという。"粛々"という言葉がシクシク泣いているように見えたのは自分だけか。

しかし、情けない話だなぁという憤りのあとに湧いた感情は冷めた諦観だった。これが現実なのだ。現在の日中の力関係が浮き彫りになったにすぎない。

税関検査が厳しくなる。レアアースの輸出が止められる。日本の商品や観光を売り込むPRイベントが中止になる。このままでは日本の経済に深刻な影響が及びかねない。危機感を深めた経済界から強い要請が出たのだろう。

今年中に日本を抜いて世界第2位の経済大国になる中国。軍事力の増強も著しい。その存在は今やアメリカも神経を尖らすほどになった。そして、沖縄はその中国から近い。

沖縄ではいま、基地依存からの脱却へ向けた動きが高まっている。牙をむき始めた中国と渡り合っていくには、やはりアメリカの軍事的な後ろ盾が欠かせない――今回の事件がきっかけでそうした方向へ日本の世論が傾くとしたら、基地の島の住民の一人として残念に思う。

S100912w6_01ee

|

« 赤紙配達 | トップページ | 海老でタマンを釣る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤紙配達 | トップページ | 海老でタマンを釣る »