« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月24日 (水)

せせらぎに眠る

いまのアパートに引っ越してちょうど1年になる。家賃は同じでも住環境は以前より明らかに良くなった。窓からは海が見えるし、角部屋なので風通しがいい。西日がもろに当たるので夏はエアコン代が大変と思ったけど杞憂だった。夏のピーク時でも電気代は去年より3千円ほど安くなった。

そんなわけで引っ越しは吉と出たのだが、不満がまったくないわけではない。それは音の問題だ。

壁を通してテレビの音が聞こえてくる。最初は隣の家かと思った。実際は階下の部屋が音源らしい。それほど大きな音というわけではない。が、いったん意識しはじめるとウルサク思えてきた。「騒音」ではなく「煩音」。

もともと音には神経質なタチらしい。床を引きずる音、近所の犬の吠え声、階下で子供があげる喚声etc。過去の賃貸暮らしでも音は常に悩みの種だった。

もちろん、集合住宅に住む以上、ある程度の生活音はガマンするしかない。気がつかないだけで自分が騒音源になっている可能性もある。概して他人から受ける害には敏感でも自分が与える害には鈍感だったりする。

ウルサイと感じるときは自衛策をとるしかない。ノイズキャンセリングヘッドホンを付けて音楽を流せば、ほとんどの音は気にならなくなった。

問題は就寝のとき。階下の住人は宵っ張りらしい。零時を過ぎてもテレビの音がやまないときがある。ヘッドホンを付けたまま寝るわけにはいかないので対策を考えた。枕元のスピーカーから「せせらぎ」のBGMを流してテレビの「煩音」を塗り込めてしまうのだ。

さっそくネットでフリーの音源を探してダウンロードする。「せせらぎ」の音ならリラクゼーション効果も高そうだ。1時間後にBGMが止まるようにiPodのスリープタイマーをセットする。

目を瞑ると、谷川の清冽な水がポチャポチャと耳元を流れていく。頭上では鳥が鳴いている。河原にテントを張って寝ているみたいだ。自然が奏でる生命のシンフォニー。耳を澄ますとほかにも音が聞こえてくる。そう、あれは宵っ張りのテレビの音・・・。

「煩音」を塗り込めるためにiPodのボリュームを上げる。谷川の水かさが急に増した。アウトドア気分は高まったものの安眠できそうな雰囲気ではない。このまま寝たら土石流に襲われる夢をみるかもしれない。

せせらぎの音が突然消えた。1時間経過したのだ。耳を澄ますとテレビの音もやんでいた。

S101120w6_08e

| | コメント (2)

2010年11月 8日 (月)

デジタル読書

財政悪化のために支出を抑える習慣が身についてしまった。ゆんたく目的で始めた「週一外飲」(週に1回は外で飲む)もいつしか立ち消えとなり、amazonで衝動買いすることもめっきり少なくなった。

欲しい!と感じても頭を冷やして本当に必要なのか自問すれば、べつに無くてもいいやと思えてくる。とりあえず何か消費しないと気がすまない。そんな精神構造にこれまで支配されていたのだろう。

このまま物欲が薄れていけば豊かな精神世界(?)が待っている。そんな淡い期待が芽生えはじめた頃、やっぱり欲しいかも・・・という逸物が現れた。amazonの電子ブックリーダー"Kindle"だ。

知らない英単語の意味を即座に知ることができれば、英語の読書が楽しくなる。前からそう思っていた。このKindleに英和辞書(英辞郎)を組み込めば、英単語にカーソルを合わせるだけで訳語を表示できる。書店の洋書コーナーに並ぶペーパーバックも身近な存在になるだろう。

このマウスオーバー辞書の機能はパソコンでも利用できる。でも、机上のパソコン画面で長時間「読書」をする気にはなれない。Kindleの強みはブックリーダーに特化していること。動画やゲームは不要なので、iPadのようなカラー液晶よりもディスプレイに電子ペーパーを使用したKindleのほうが目に優しい。

米国のamazonでしか購入できなかったこのKindle、噂ではamazon.co.jpから日本語版が近く発売されるとか。それは来月なのか、それとも来年なのか。

待つ期間が長引けば、なしくずし的に「無くてもいいモノ」になってしまう気もするのだが。

S101026w6_07ee

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »