« 雨のドライブ | トップページ | 地デジ迎撃 »

2011年5月29日 (日)

胸キュン台風

ネットの台風情報を見てため息をついた。台風2号(SONGDA)の予想進路が沖縄本島に寄り添うように伸びている。最も近づくのは、28日(土)の夜から未明にかけてらしい。

午前中にスーパーへ買い出しに行く。外の様子は平穏だった。午後になってもまだ大丈夫。夕方からだんだん風が強くなってきた。そして、暗くなる頃には暴風圏に。

パソコンの作業なので停電が恐い。この日も仕事に追われていた。ノルマがなかなか終わらない。深夜までかかりそうだった。

アレを用意しておけば・・・と改めて思った。無停電電源装置(UPS)。台風が襲来するたびに必要性を痛感するのだが、それなりのモノはそれなりの値段なので思案しているうちにウヤムヤになってしまう。

早めに夕食を済ませた。アパート全体が咆哮している。例によってサッシ窓からじわじわと水が入ってきた。昨年の台風7号(Kompasu)に匹敵するレベル。風の強さはそれ以上か。

ノイズキャンセリングのヘッドホンを付けて、大音量で音楽を聴きながら仕事に集中しようとした。何度か照明が暗くなりかけた。そのたびに心臓がキューッと縮む思いがする。

風で吹き飛ばされた物がサッシ窓にブチ当たり、身がすくむほど大きな音がする。ローソクの炎のように揺らめく照明。こまめにファイルを保存する。とても仕事に集中できる状態ではなかった。

明朝早く起きることにしてベッドに入った。しかし、暴風雨で眠れない。イヤーマフを付けると静かになった。代わりに建物の揺れを強く意識する。飛行機に乗って目を瞑っているような感覚。いつものスカイマーク便で那覇から羽田に向かっている。そんな空想に耽っていたらいつしか眠りに落ちていた。

朝起きると台風は去ったあとだった。ワカメの切れ端のような海草がサッシ窓にたくさん張り付いている。仕舞い忘れたベランダのサンダルが見当たらない。

ベランダも駐車場のクルマも海水にまみれていた。自宅のアパートは停電を免れたが、名護の市街地のあちこちで停電が発生したという。その後、塩害で木が枯れる被害も起きている。

台風1号、2号ともに沖縄本島へ向かって来た。今年は台風の当たり年なのかもしれない。まだ5月だというのに先が思いやられる。これはいよいよUPSを買うしかないのかも・・・。

S110518w6_02e

|

« 雨のドライブ | トップページ | 地デジ迎撃 »

コメント

遅ればせながら台風強かったですね。
時間は短かったですけど。

うちは羽地のほうなんですけど停電4~5時間してました。
ファーマーズの野菜の品ぞろえにも影響してますね。

翌朝、信号があさっての方を向いてるのが印象的でした。

デイゴの花が多く咲いた今年は台風の当たり年という噂も・・・

投稿: みぞゆう | 2011年6月12日 (日) 23時04分

先日行った飲み屋も今年は台風の当たり年らしいという噂でもちきりでした。羽地も停電したのですね。ウチはなんとか免れましたが、いまにも停電しそうな雰囲気でした。台風に加えて、今年は風の強い日が多いですね。昨日は海面を疾走するウインドサーフィンを羨ましい想いで眺めていました(笑)。

投稿: tokajar | 2011年6月13日 (月) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨のドライブ | トップページ | 地デジ迎撃 »