« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

タマン日和Ⅱ

予期せぬカヤックフィッシングの機会が訪れた。これも台風11号が左に針路を変更してくれたおかげ。とはいえ、太平洋では台風12号が北上しつつある。ウネリがある場合は早々に撤退するつもりでとりあえず海へ。

朝8時過ぎに出艇場所に到着。浜辺に打ち寄せる波がけっこう高い。大潮の満潮直後という条件も影響しているのだろう。

しばらく様子を見る。波の影響を受けにくい場所へ移動することにした。入り江の小さな浜で無事に岸払い。リーフエッジで白波が立っているところもあるが、そこに近寄らないようにすれば問題はなさそうだった。

沖へ出ると、心配していたウネリはほとんどない。風も弱く、絶好のカヤックフィッシング日和。今日はイケるかもという期待が高まっていく。

が、前回タマン4匹を仕留めた鯛ラバにも反応がない。時間だけがどんどん過ぎていく。たまにアタリはあるものの食い込みが浅くて掛からない。全体にシブイ感じ。

釣れなくてもそれなりに楽しめるのがカヤックフィッシングのいいところ。海面で揺られながら緑の山並みを眺めているだけで癒される。パドルを漕いでひと汗かくと、沖縄で「かたぶい」という通り雨に見舞われる。天然のシャワーみたいで気持ちがいい。そのあと強い日差しが照りつけるので、濡れた服はすぐに乾いてしまう。

すでに2時間以上経過していた。鯛ラバを交換して釣りに集中する。待望のアタリ。小気味よい引きで小型のタマンが釣れる。魚の顔を拝めてとりあえずホッとする。

S110830w6_03e
タマン(27㎝)

そのあとはまた長い沈黙がつづいた。小まめに場所を移動し、鯛ラバを投入して巻く。その繰り返し。

今日はドラグが鳴る音を聞けないまま終わってしまいそうな気がした。まあ、そんな日もあるだろう。相手は自然、毎回大漁というわけにはいかない。

周囲の山並みを眺めながらゆっくりリールを巻いていると、いきなり竿先が水中に持っていかれた。耳に心地よいドラグの音。

最初はガーラかと思った。でも、真下へのパワフルな突進はタマンっぽい。数回の強烈な突っ込みをかわす。ゆらゆらと黄色い魚体が浮いてくる。

S110830w6_05e
タマン(46㎝)

これで8月も2回浮くことができた。月2回のカヤックフィッシングという目標は辛くも達成できたことになる。しかし、翌9月は台風月間。はたして目標実現なるか・・・。

S110830w6_01e
海が呼んでいる・・・

| | コメント (2)

2011年8月18日 (木)

タマン日和

前回のカヤックフィッシングからそろそろ1カ月。またタマンの顔を拝みたくなった。今週はスケジュールに余裕がある。今日は風もよわい。PCをシャットダウンし、いそいそと釣り支度にとりかかった。

10時過ぎに岸払い。波はほとんどない。青く晴れわたった空にライトブルーの海。ひと漕ぎごとにカヤックはスイスイ進んでいく。早くも脳汁全開って感じ。

鯛ラバで釣りを開始する。30分ほど経った頃にイシミーバイが釣れる。アタリが途絶えたのですこし沖へ出ることにした。風が弱いので移動がラク。

新たなポイントで鯛ラバをゆっくり巻き上げていると、ガシッと針がかりして竿先が水中へ。シャープでパワフルな引き。最後まで抵抗を諦めないファイティングスピリット。姿を現したのは42センチの綺麗なタマンだった。

S110818w6_04e
タマンその1

その後もポイントの移動を繰り返し、タマンを着実にゲットしていく。正味5時間の釣りでタマン4匹、ヒトスジタマガシラ1匹を釣ることができた。ほかにバラシが3回。うち1匹は海面まで浮上してタモ入れ寸前だったのでとても悔しい。

S110818w6_05e
タマンその2
S110818w6_07e
タマンその3
S110818w6_10e
タマンその4
S110818w6_06e
ヒトスジタマガシラ

風の弱い日は釣りがしやすい。30gの鯛ラバでもそれほど流されずに済む。鯛ラバが軽いと魚の引きがダイレクトに感じられて楽しい。

風の穏やかなタマン日和。海上で過ごす極上の休日。この夏、あと何回巡ってくるだろうか。

| | コメント (0)

2011年8月15日 (月)

ムイファーの教訓

今日、amazonで無停電電源装置(UPS)をポチった。機種はCyberPower Backup CR 1200。\23,300とけっこう高い。もっと安い機種もあるが、PC2台+モニター2台による消費電力を考えるとこのクラス(1200VA/720W)が無難のようだ。

今回の購入は、8月の台風9号(ムイファー)の体験に負うところが大きい。仕事中に短時間の停電が繰り返し発生し、胃が縮む思いを味わった。おまけに、インターネットも長時間使用できなくなるという予期せぬ事態に・・・。

マメに保存していたのでデータの喪失は免れたが、「Windowsを正しく動作させるために必要なファイルが認識できないバージョンのファイルに置き換えられています・・・」という警告メッセージがPCの起動時に表示されるようになった。

ネットで解決策を検索し、システムファイルチェッカー(sfc /scannow)を実行したらメッセージは出なくなった。でも、また同じような目に遭ったら、次はこの程度では済まない気がする。やはり転ばぬ先の杖。

とはいえ、\23,300はチト痛い。あと1万出せば憧れのGR IIIだって買える。先日、価格.comで見たWindows7の最安パソコンは3万円を切っていた気がする。

UPSの購入を終えてamazonから移動しようとすると、「おすすめ商品」のヘッドホン延長コードが目に止まった。速攻でポチる。コードが短くてテレビでは使えなかったノイズキャンセリングのヘッドホンもこれで活用できそうだ。

テレビといえば、40インチのソニーのBRAVIAはなかなか綺麗だ。ネットで見つけた「最強画質設定」にしたら、店頭で見たときよりも自然でしっとりとした色あいになった。

その液晶テレビも配達から1カ月が経過し、 大画面の迫力と精緻な映像に息をのんだ初日の感動は薄れつつある。サイズの印象も40インチで正解だったからもう一回り大きくても良かったかも、に変わりつつある(ただ、そうなると値段が・・・)。

結局、モノへの欲求に限りはない。いつ台風が来ても心安らかに仕事ができるとしたら、それこそ価値ある投資と呼ぶべきなのかもしれない。

S110723w6_02e
あと3インチ大きければ・・・

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »