« ムイファーの教訓 | トップページ | タマン日和Ⅱ »

2011年8月18日 (木)

タマン日和

前回のカヤックフィッシングからそろそろ1カ月。またタマンの顔を拝みたくなった。今週はスケジュールに余裕がある。今日は風もよわい。PCをシャットダウンし、いそいそと釣り支度にとりかかった。

10時過ぎに岸払い。波はほとんどない。青く晴れわたった空にライトブルーの海。ひと漕ぎごとにカヤックはスイスイ進んでいく。早くも脳汁全開って感じ。

鯛ラバで釣りを開始する。30分ほど経った頃にイシミーバイが釣れる。アタリが途絶えたのですこし沖へ出ることにした。風が弱いので移動がラク。

新たなポイントで鯛ラバをゆっくり巻き上げていると、ガシッと針がかりして竿先が水中へ。シャープでパワフルな引き。最後まで抵抗を諦めないファイティングスピリット。姿を現したのは42センチの綺麗なタマンだった。

S110818w6_04e
タマンその1

その後もポイントの移動を繰り返し、タマンを着実にゲットしていく。正味5時間の釣りでタマン4匹、ヒトスジタマガシラ1匹を釣ることができた。ほかにバラシが3回。うち1匹は海面まで浮上してタモ入れ寸前だったのでとても悔しい。

S110818w6_05e
タマンその2
S110818w6_07e
タマンその3
S110818w6_10e
タマンその4
S110818w6_06e
ヒトスジタマガシラ

風の弱い日は釣りがしやすい。30gの鯛ラバでもそれほど流されずに済む。鯛ラバが軽いと魚の引きがダイレクトに感じられて楽しい。

風の穏やかなタマン日和。海上で過ごす極上の休日。この夏、あと何回巡ってくるだろうか。

|

« ムイファーの教訓 | トップページ | タマン日和Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ムイファーの教訓 | トップページ | タマン日和Ⅱ »