« タマン日和Ⅱ | トップページ | タマン肥ゆる秋 »

2011年9月 9日 (金)

レッドフィッシュ

朝5時に起床。こんなに早く起きるのはめずらしい。子供の遠足、大人のカヤックフィッシングという感じ

とはいえ、子供と違って起きてもすぐにパワー全開にならないのが中年の辛いところ。準備を済ませ、出航場所から漕ぎだす頃には8時をまわっていた。

いつものポイントでいつもの鯛ラバ。釣れないワケがないと思う。事実、アタリはあるのだが、なかなか針がかりしない。そのうちなぜか腹具合がおかしくなってきた。やむなく出航場所まで戻るはめに・・・。

浜辺の背後が草むらになっていて幸いだった。スッキリして2度目の岸払い。運を落として魚に見放されなければよいのだが。

すこし沖合へ移動して釣りを再開する。早起きのツケがまわってきたようで眠い。釣りの前日は十分な睡眠が欠かせないと改めて感じた。

眠気を吹き飛ばす待望のアタリ。シャープでパワフルな引きはお約束のタマン。すこし小ぶりだが、釣果を得てホッとする。

S110909w6_03e
タマン(36㎝)

すこし風が出てきた。東へどんどん流されて未開拓のエリアに入っていく。オレンジのマニキュアを塗った鯛ラバに交換すると、ほどなくアタリ。いい引きをみせて姿を現したのは今年初となるサザナミダイ(アマクチャー)だった。

S110909w6_07e
サザナミダイ(41㎝)

午後の上げ潮に入るとアタリがパッタリ途絶えた。再び睡魔に襲われる。眠気覚ましを兼ねて風に向かってカヤックを漕いでいく。

すこし沖目のやや深めのポイントでシーアンカーを投入。ほどなく鯛ラバにアタリ。でも、途中でバレてしまった。手応え十分だったので悔しい。気を取り直して釣りを再開するとまたアタリ。今度はガッチリかかった。

かなり強い引き。タマンのようでもあるが、微妙に違う気もする。タマンほどシャープではなく、重くトルクのある引き。どんな魚が姿を現すのか興味津々だった。

赤い魚体が見えてくる。一瞬、アカジンかと思った。でも違う。背びれが糸を曳いている。初めて目にする赤い魚。ヘンなやつ。

S110909w6_13e
謎のレッドフィッシュ(45㎝)

写真を撮っていつものようにリリースする。しかし、水圧で浮き袋が膨張し、体を反転させて海面にプカプカ浮いている。

もっと地味な色の魚なら、いつの間にか見えなくなって無事に帰還できたと信じ込むこともできただろう。でもこのサカナ、色が赤くてハデなのでいっこうに視界から消えてくれない。

しかたないので回収し、締めて持ち帰ることにした。外見はハデだけど、意外と旨いかもしれないし・・・。

帰宅して調べると、赤い魚はイトヒキフエダイ(イヌバー)であることが判明。ネットの情報によると味も悪くないとか。

せっかくの機会なので、行きつけの居酒屋さんに持ち込んで刺身とバター焼きにしてもらった。刺身はコクがあってかなり旨い。白身の魚なのでバター焼きも合う。

ハデな外見に似合わず美味な魚だった。欲を言えば刺身には日本酒が欲しかったけど、オリオンビールでも十分に美味しゅうございました。

|

« タマン日和Ⅱ | トップページ | タマン肥ゆる秋 »

コメント

tokajar'sさんこんばんわ

ハプニングに見舞われながらも好調な釣果ですね~
鯛ラバで釣れるというのが楽しそうです。
何もアクションかけずにひたすらゆっくりと
リールを巻くのでしょうか?
バター焼き・・・いいですね~~

投稿: jk | 2011年9月12日 (月) 22時10分

鯛ラバは疲れた中年のスローフィッシングにピッタリなアイテムです。ちなみに、アクションなしのスローなタダ巻きが基本です。着底後にリールを巻き始めて「来るぞ...来るぞ...キター!」という瞬間がたまりません(笑)。ただ、アタリがないと飽きてくるので、すぐに眠くなるのが難点ですが・・・。

投稿: tokajar | 2011年9月13日 (火) 10時36分

こんばんわ!時々ブログ拝見しています。私も名護湾が大好きで毎年行っています。今年は8月の下旬に行きましたが、21世紀の森辺りではカヤックを見つけることができませんでした…また行きます!

投稿: nori_3 | 2011年10月10日 (月) 00時54分

コメント、ありがとうございます。名護湾は波も穏やかでカヤックを漕ぐにはいいところです。イルカも居るようなので、いつか海上で遭遇したいと思っています。

投稿: tokajar | 2011年10月10日 (月) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タマン日和Ⅱ | トップページ | タマン肥ゆる秋 »