« レッドフィッシュ | トップページ | 高脂血症ふたたび »

2011年9月23日 (金)

タマン肥ゆる秋

2週間ぶりの釣行。台風と休みがぶつからなかった幸運に感謝しつつ、正午過ぎに岸払い。

日差しは相変わらず強いものの、海上をわたる風は涼しい。沖縄にもそろそろ秋の気配。暑すぎもせず、寒くもない海に浮かぶシアワセ。

今はもう秋 魚のいない海♪ なつかしい曲の一節が風にのって聞こえてくる気がする。黙々と鯛ラバを落とし続けて1時間半。何も釣れない。7~8月と比べると魚の活性は明らかに落ちている。

夕方4時半が満潮なので、そのあとの下げっぱなが勝負だと思った。それまでの上げ潮の時間帯はオマケみたいなもの。そう思ってノンビリ構えることにしたのだが。

カヤックが沖に流されて水深が深くなる。鯛ラバを30gから50gに替えて数投目、いきなりドンと竿先が海中へもっていかれた。

ドラグが鳴り、すごい勢いでラインが引き出されていく。下へ向かって走るのでガーラではなさそう。ひょっとしてカンパチ? 夏場にこの水深ではないだろうと頭では否定しつつも、甘美な妄想はとまらない。

ドラグはきつめに締めていたが、まだ甘かったようだ。結局、根に潜られてしまった。ラインは根掛かりしたときのようにピンと張って動かない。

竿を持つ力を緩めずに、魚が出てくるのを待つ。魚と人間のガマン比べ。そのうちモゾモゾとラインが動きはじめた。魚の引きがふたたび手元に伝わってくる。

その後も強烈な突っ込みが繰り返される。なんとか耐えてリールを巻いていると黄色い魚体が浮いてきた。

S110923w6_02e
S110923w6_03e
今季2匹目のデカタマン(59㎝)

これまで根に潜られた魚を獲れたためしがなかったので、今回は貴重な釣果だった。その後はアタリが遠のき、夕方のゴールデンタイムに期待をたくすことに・・・。

夕方5時頃、下げ潮が効きはじめた。と、待望のアタリ。重量感はないものの、小気味よい引きで小ぶりのタマンが釣れる。

S110923w6_06e
タマン(30cm)

そのすぐあとに同サイズのタマンを追加。なんかバタバタと食いが立ってきた。それまでの休止モードから一転して臨戦モードに突入という感じ。

そして、今日2回目のクライマックスがやってきた。鯛ラバの着底とほぼ同時にアタリ。ドラグを鳴らす強烈な引き。激しい突っ込みで竿先が何度も海面に突き刺さる。突進をかわしながら、慎重にリールを巻く。無事にネットイン。満面の笑み。

S110923w6_07e
タマン(55㎝)

目標どおり、9月も2回海に出ることができた。7月以降、月2ペースのカヤックフィッシング。ギリギリの妥協ラインと思いながらも、仕事への影響を考えればこれくらいがちょうどいいのかも。

|

« レッドフィッシュ | トップページ | 高脂血症ふたたび »

コメント

はじめまして。

名護の海岸線の写真等は懐かしくて、見とれてしまいました。

釣りも写真も上手ですねー。

投稿: sin | 2011年10月 5日 (水) 13時33分

はじめまして。コメント、ありがとうございます。名護湾に沿った山並みの景色は、初めて見たときもどこか懐かしく感じました。きっとフィーリングに合ったのでしょうね。名護に来てもうすぐ5年です。

投稿: tokajar | 2011年10月 6日 (木) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レッドフィッシュ | トップページ | 高脂血症ふたたび »