« 未知との遭遇 | トップページ | Routeで街ポタ »

2011年11月23日 (水)

テンヤ・第2ラウンド

強い北風が吹き寄せる毎日。もはや涼しいという段階ではない。さぶい・・・そう思って温度計を見たら20℃以上ある。テヘッて感じ。人間はどこまでも軟弱になれる生き物らしい。

前回のテンヤ釣法が手応え十分だったので、この冬はカヤックでてんやわんやだぁと意気込んでいた。ところが、強い北風に封じ込められてなかなかチャンスが巡ってこない。「勤労感謝の日」もどうせダメだろうと諦めていた。嬉しいことに予想ははずれ、朝起きると穏やかに晴れている。やはり仕事はするものだ。

例によって準備に手間どり、出艇は11時をまわっていた。午前中の下げ潮が狙い目だったので、完全に出遅れた感じ。

沖へ出て釣りを始める。風はほとんどなく、潮もあまり動いていない。カヤックでの移動はラクだけど、魚の活性は低そうだった。

数投目にアタリ。小型のオジサンが釣れる。オジサン同士でなんか気まずい。

S111123w6_02e

ほどなくまたアタリ。かなり強い引き。これはデカいと色めきたつが、ラインブレークで急転直下の幕切れ。調べるとPEラインが切れている。唖然茫然意気消沈。

これを境にアタリはピタッとなくなった。風も止み、海は鏡のように凪いでいる。

アタリがないと飽きてくるのはテンヤも鯛ラバも同じ。鯛ラバはリールを巻くだけの体に優しい釣りだけど、テンヤは竿をシャクる動作が加わるので結構しんどい。ルビアス2500Rのプラス25gの重さがじわじわと効いてくる。

ベイトリールに慣れるとスピニングは使いにくい。着底後の巻き上げもワンテンポ遅れるし・・・。加えて、ルビアスはドラグの音がショボい気がする。

リールはベイトのジリオンPEのほうがいいなぁ、ドラグの音も凛々しいし・・・などと考えていると久々のアタリ。重量感はさほどないものの突っ込むパワーはすごい。これはアイツだと思ったら案の定・・・。

S111123w6_03e
オーマチ。鯛ラバからテンヤの常連メンバーに横滑り

夕方5時が満潮だったので、その下げっぱながチャンスだと思っていた。ところが、風がだんだん強くなり、早めの撤退を余儀なくされることに。

2度目のテンヤ釣りはパッとしない釣果に終わった。そういえば、前回は午前中に地震があった。それで魚の活性が上がったのか。果たして3度目のテンヤ釣りの釣果はいかに・・・。

|

« 未知との遭遇 | トップページ | Routeで街ポタ »

コメント

テヘッって感じに くすっ♪て感じ・・・

釣りのことは知識ありませんが 
おじさん同士だったり 唖然茫然意気消沈したり 釣果いまいちだったりしても・・・
なんか 楽しそうで?いいですねー

釣りって 面白そうですね

投稿: iyk | 2011年11月27日 (日) 23時49分

たくさん釣れるのに越したことはないけれど、カヤックフィッシングの良いところは海に浮かんでいるだけでそれなりに楽しめることですね。それと、海は何が釣れるかわからないのがいいです。思わぬ大物にカヤックを引っ張られたり、初めて見る魚にワクワクしたり・・・。

投稿: tokajar | 2011年11月28日 (月) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 未知との遭遇 | トップページ | Routeで街ポタ »