« 一寸先は | トップページ | テンヤ・第2ラウンド »

2011年11月 8日 (火)

未知との遭遇

テンヤ釣りで使うスピニングリールの選択に迷ってしまった。ダイワにするかシマノにするか。どのモデルにするか。そのモデルのどのタイプにするか。

最終的に選んだのはダイワのルビアス2500R。ネットの評判も比較的いいし、シンプルなデザインもわりと好みだ。中級クラスでコスト・パフォーマンスも高いと思う。

2500と2500Rのどちらにするかでも悩んだ。Rタイプは3000番のボディーに2500番のスプールを付けたもの。パワーが増すので大物を取り込むときには有利だが、2500より25g重くなる。デカタマンを獲り逃がしたら悔しいので、重さは耐えることにした。

そして迎えたルビアスの初日。が、午前中に震度4の地震が発生。津波の心配はないということなので、予定どおり出漁することにした。

準備にモタついて午後3時近くにカヤックで出漁。風はそこそこあるが、波はあまりない。まずまずのコンディションだ。

最初に鯛ラバを試す。やはりアタリはない。早々に見切りをつけてテンヤ釣法に切り替える。

一投目からアタリ。最初のエモノはピンクのイトヨリ系の魚。その後も、仕掛けを投入するたびに何かしら釣れる。ただ、どれも小さくて30センチに満たない。

S111108w6_02e
S111108w6_03e
S111108w6_04e
S111108w6_05e
S111108w6_06e
S111108w6_08e
ちっちゃい、ちっちゃい、みーんなちっちゃい

型はイマイチだけど、多彩な魚がコンスタントに釣れるので楽しい。ボクシングでいえば、ジャブとワンツーで手堅くポイントを稼いでいくみたいな。鯛ラバによる左フック一発のKO勝利も捨てがたいけれど、まあスタイルの違いということで・・・。

出漁が遅かったのであっという間にゲームオーバーの時間が近づいていた。いろいろ釣れて楽しかったけれど、欲をいえばもうすこしデカい魚を釣りたい。その想いが通じたのか、終了時間が近づくにつれてサイズアップしていく。

S111108w6_07e
オーマチ(アオチビキ)、37㎝。引きが強くて楽しい。

S111108w6_09e
タマン、34cm

これでヤメようと思って投入したテンヤに何かが掛かる。重量感はそれほどないが、なかなかいい引き。てっきり小ぶりのタマンかと思ったら・・・。

S111108w6_10e
ミナミキントキ、35cm

キントキダイの仲間。帰宅後、あれこれ調べてやっと名前を特定できた。目が大きくて深海魚みたいだけど、釣れた場所の水深は30メートルくらいか。釣行のフィナーレを飾るのにふさわしい色鮮やかな魚体だった。

正味2時間半にしては十分な釣果。テンヤ釣法、鯛ラバに代わるカヤックフィッシングとしてこれから楽しめそうだ。その魅力はアタリの多さと獲物の多彩さにある。鯛ラバで釣れる魚はすべてカバー。さらに未知との遭遇が待っている。

|

« 一寸先は | トップページ | テンヤ・第2ラウンド »

コメント

初めまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。

カヤック釣り初心者の海と申します。

普段は磯釣りメインでしているのですが少し前にカヤック買ってカヤック釣り勉強中です。

名護湾の魚影の濃さ凄いですね。機会がありましたら良ければご同行させて下さい。

当方もブログしてますのでもし宜しければどうぞ。

投稿: | 2011年11月14日 (月) 16時21分

はじめまして。コメント、ありがとうございます。写真だけ見ると大漁のように見えますが、実際は睡魔と闘っている時間のほうが長いです(^_^; ブログ、拝見しました。離島への遠征、うらやましいです。いつか南大東島に行きたいと思っていますが、いつ実現できることやら・・・。

投稿: tokajar | 2011年11月15日 (火) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一寸先は | トップページ | テンヤ・第2ラウンド »