« テンヤ・第2ラウンド | トップページ | 駐車場の犬 »

2011年11月25日 (金)

Routeで街ポタ

うるま市の店舗にRouteの在庫があるという。前から欲しいと思っていたDAHONの折りたたみ式自転車だ。色は好みのオブシディアン・ブラック。定価販売というのがチト痛いけれど、せっかくの機会なので購入することにした。

帰宅してamazonのサイトを見てのけぞってしまった。在庫切れで入荷未定だったはずのRouteのブラックが「1点在庫あり」に変更されているではないか。価格は10%オフの37,800円。ご注文はお早めにってもう遅えんだよ。

以前買ったドッペルギャンガーは外に置いたせいで錆だらけになったので、今回は室内に保管することにした。さらに、固いサドルを坐り心地のよいママチャリのサドルに交換する。見てくれよりも快適性重視。姿勢を楽に保てるようにハンドルの高さも調整した。

そのRouteで街にでる。ドッペルギャンガーと比べて乗り心地が格段にいいとは思わない。ただ、それぞれのパーツは明らかに向上しているように感じた。まあ、購入価格が倍近いのであたりまえか。

名護の街を自転車でポタリングするのは久しぶり。やはり自転車はいいなぁと思う。ノンビリした開放感がたまらない。車と徒歩の間を埋める第三のツールという感じ。

市街地を抜け、屋部川沿いの遊歩道をポタリングする。ドッペルギャンガーを買ったときも最初に向かった場所だった。川べりの道は自転車とマッチする気がする。川の流れと自転車の速度がシンクロするのか。

S111125w6_02
黒にあしらったミントがクールでかっこいい

S111125w6_04ee
どこか懐かしい川べりの道

折りたたみ式の自転車なので、名護限定で使うのはもったいない。今後は、クルマに積み込んで沖縄各地でポタリングを楽しみたい。その相棒となるはずのデジカメも価格が下がりはじめている。ささやかな夢のプロジェクトが遠からず実現しそうで楽しみだ。

|

« テンヤ・第2ラウンド | トップページ | 駐車場の犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テンヤ・第2ラウンド | トップページ | 駐車場の犬 »