« 涙目サイクリング | トップページ | ハンタ道を歩く »

2012年1月18日 (水)

初カヤック 2012

久しぶりに日差しが覗いた火曜日。予報では翌日も晴れ。風も弱いらしい。待ちに待ったカヤックフィッシングのチャンス到来だった。

前日の夜にあらかた準備は済ませていた。満潮は午後2時過ぎなので、その下げっぱなが勝負だろう。朝食を終えてベランダで風をチェック。東の風がすこしある。このまま強くならなければいいのだが。

出航場所に着くと海は穏やかに凪いでいた。準備を終えて11時半に岸払い。前回のカヤックフィッシングから2カ月ちかい。やっと浮かべた・・・。

最初は鯛ラバでスタート。予想どおり反応はない。エビ餌によるテンヤ釣法に切り替える。

今回はあえてベイトリールで臨むことにした。スピニングはどうも好きになれない。6号のテンヤを使えばベイトでもスムーズにラインが放出される。スピニングより効率が落ちるのは間違いないが、やはり愛着のあるジリオンPEを使いたい。

数投目にアタリ。この反応の良さがテンヤのウリだ。小気味よい引きでオジサンが釣れる。

S120107w6_02e

その後もアタリは頻発するものの、針掛かりしない。生き餌なので消耗が激しい。エビの交換に追われていると波が立ち始めた。なんか嫌な予感がする。

アタリが急に途絶えた。餌のエビが手付かずのまま上がってくる。風も強くなってきた。岸寄りに移動してなんとかイシミーバイを追釣りする。

S120107w6_03e

風が弱まりそうになかったので、結局、これを最後に引き上げることにした。正味2時間ほどの束の間のカヤックフィッシング。

出航場所を目指して風に向かって漕ぐ。顔に波のシブキがかかる。舐めるといつも以上に塩辛く感じたのは気のせいか。

|

« 涙目サイクリング | トップページ | ハンタ道を歩く »

コメント

はじめまして。突然すいません。
ブログやフォトギャラリーをみてどうしてもコメントを書きたくなってしまいました。
実は僕も、カメラと釣りが趣味の名護在住3年目のものです。
山歩きも好きだし、去年までカヤックのガイドもしていました。
釣りはルアー&フライをやっています。
名護岳や真喜屋の滝などでカメラを片手によく歩いています。
名護周辺にもまだまだ楽しいところが沢山あるんですね。
休日散策の行き先、こちらのブログで色々参考にしていこうと思います。
よろしくお願いします。


投稿: Andy | 2012年3月 3日 (土) 18時02分

はじめまして。コメント、ありがとうございます。Andyさんもカメラと釣りが趣味ですか。どちらも入りやすくて奥が深いところが共通してますね。釣りではフライもされるとのこと。私もフライには興味があるので(サイトのチヌとか)、いつか機会があればお話をきかせてください。今後ともよろしくお願いします。

投稿: tokajar | 2012年3月 4日 (日) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 涙目サイクリング | トップページ | ハンタ道を歩く »