« 初カヤック 2012 | トップページ | ロング・スリーパー »

2012年1月21日 (土)

ハンタ道を歩く

今帰仁城の近くにハンタ道と呼ばれる道があるという。ハンタとは崖の意味で、今帰仁城への登城道として使用されていたとのこと。写真を見ると岩だらけで野趣満点。森林浴を兼ねて歩いてみることにした。

今帰仁城入口のバス停付近から白い敷石の道が今帰仁城に向かって伸びている。この道を数分歩くと親川という湧水に着く。ここがハンタ道の起点。緑の標識に今帰仁城跡まで700mと書かれている。

S120121d4_01e
親川(エーガー)

石が多いが、それほど歩きにくくはない。道幅もそこそこあり、昔から利用されてきた道であることを実感する。クワズイモ、ソテツ、クロツグなど、亜熱帯の森を演出する植物にも事欠かない。

S120121d4_22e
S120121d4_12e
S120121d4_13e

ミームングスク、ノロの屋敷跡など、沿道には史跡も多い。

S120121d4_17e
ノロ殿内 火の神の祠

岩だらけの山道が整備された平坦な道に変わる。すこし進むと今帰仁城の入口付近に出た。親川からゆっくり歩いて20分ほどの行程だった。

帰る途中で枝道を探ってみることにした。左に折れる道を進むと、鬱蒼としたガジュマル(?)が出現。

S120121d4_24e

ハンタ道に戻ってさらに下っていくと、今度は右に折れる道がある。その小道を下ると巨木フェチの心を鷲づかみにする風格のある大木が現れた。

S120121d4_36e

さらに行くと、神秘的なオーラが漂う謎めいた空間に行き着く。その奧には岩と合体した凄味のあるガジュマル(?)が鎮座している。その圧倒的な存在感にしばし見入ってしまった。

S120121d4_29e
S120121d4_33e
S120121d4_30e

全長700mと短いので山歩きには物足りないが、史跡や大木など見所は多い。巨木フェチにとってハンタ道の枝道はとりわけ魅力的。新緑の頃にまた来ようと思った。

|

« 初カヤック 2012 | トップページ | ロング・スリーパー »

コメント

んー・・・ 見てみたい  味わってみたいですねぇ
その岩と合体したガジュマル(?)・・・空間・・・

・・・写真を見て イメージ中・・・

んー やっぱり 実際に感じてみたい・・・

投稿: i y k | 2012年1月25日 (水) 23時05分

タコ足のように岩にまとわりつくガジュマルの気根(空気中に伸び出した根)を見るたびに、亜熱帯の自然の圧倒的なパワーを感じます。沖縄といえば海だけど、山もスゴイです。

投稿: tokajar | 2012年1月26日 (木) 12時54分

そうっ!海!・・・昨年 ほんのちょっとだけ沖縄に行きまして(見て回ったのは北部を1日間だけ)その空と海にやられちゃいました
道すがらの 草木の葉が大きい!にも見入ってしまいましたが・・・
tokajarさんのお写真を見ては 沖縄の山も登ってみたい・・・森林の中でその空気を味わってみたい!と思うのです

投稿: i y k | 2012年1月28日 (土) 02時32分

亜熱帯の沖縄は内地とは植生が異なるので、山に入って草木を眺めているだけで楽しいです。3~4月は新緑の季節なのでとりわけ綺麗ですョ。冬の沖縄は陰鬱なので春の到来が待ち遠しいです。

投稿: tokajar | 2012年1月28日 (土) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初カヤック 2012 | トップページ | ロング・スリーパー »