« 低反発な年明け | トップページ | 涙目サイクリング »

2012年1月 7日 (土)

木漏れ日の道

久しぶりに晴れた。去年の暮れから雨混じりの日が多かった。天気が悪いと気分も沈む。青空と太陽を目にするだけで気持ちが浮き立つのを感じる。

貴重な日差し。日光を浴びに外へ出ることにした。北欧か!と突っ込みが入りそうだけど、この冬の沖縄はそれくらい天気が悪い。

クルマで名護岳へ向かう。名護青年の家にクルマを停めて、体育館の手前でハイキングコースに入る。舗装した遊歩道を越えて前方に水場のある山道へ。

未舗装でアップダウンのない道が谷に沿って伸びている。亜熱帯の森を散策するのに好適なプロムナードだ。15分ほど歩くと道は上り坂になる。その地点で引き返すつもりだった。往復30分のプチ森林浴。

山に入るのは久しぶり。豊潤な樹木の香りが心地いい。木々の緑が日差しを受けてキラキラ輝く。いい気分で歩いていると、思いもよらぬ標識が・・・。

S120107w6_02e

昨年の台風による被害かもしれない。とりあえず、崖崩れの場所まで行ってみることにした。ほどなく、前方にそれらしき箇所が見えてくる。

S120107w6_09e

端を歩けば通れそうな気もするけれど、危険を伴うのは間違いない。連日の雨で道は滑りやすくなっている。この地点で引き返すことにした。

根こそぎ倒れた木も目にしたし、台風の威力はハンパでない。手軽に森林浴気分を味わえるお気に入りの散策路だっただけに残念だった。

S120107w6_03e
S120107w6_06e
S120107w6_07e
S120107w6_15e

Nikon D40で写真を撮るのは久しぶり。シャッター音が耳に心地よく響く。ファインダーで構図を確認できる一眼レフはやはりいい。

ここしばらくはリコーのGR DIGITAL IVに心が奪われていたけれど、広角の単焦点レンズもやっぱり欲しいなぁ。

|

« 低反発な年明け | トップページ | 涙目サイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 低反発な年明け | トップページ | 涙目サイクリング »