« 木漏れ日の道 | トップページ | 初カヤック 2012 »

2012年1月14日 (土)

涙目サイクリング

先週のプチ森林浴は、一眼レフで写真を撮る楽しさを呼び覚ましてくれた。晴れればまた山に登りたいところだけど、今日はあいにくの曇天。面白そうな被写体はないかと「名護市・景観まちづくり」のパンフレットを眺めていると、許田のウバメガシの写真が目にとまった。ブナ科の大木でなかなか風格がある。巨木フェチの血がザワザワと騒ぎだした。今日の被写体はコレだ!

自宅から許田までは6~7km。サイクリングに格好の距離なのでDAHONのRouteで行くことにした。そういえば、購入してからまだ数えるほどしか乗っていない。

名護湾に沿って58号を南下する。歩行者のいない歩道はサイクリングロードのようなもの。風はすこしあるが、右手に広がる海は波もなく穏やかだった。これならカヤックを出せたかも・・・と一抹の後悔を覚える。

「道の駅許田」を過ぎて許田の集落に入る。目指すは「許田の手水」。この水場の背後の山にウバメガシの大木があるらしい。

「許田の手水」らしき史跡が前方に見えたとき、自転車に異変を感じた。地面の振動がダイレクトに尻へ伝わってくる。調べると後輪がパンクしていた。

自転車を押して名護の市街地まで帰ることを考えると気が重くなった。舗装した道でパンクなんかするかぁ?という怒りの念も湧いてくる。ウバメガシを求めて山に分け入る気力などとうに失せていた。

とりあえず「道の駅許田」まで戻ることにする。自転車を押しながらハタと気づいた。このチャリ、折りたためばタクシーのトランクに入るはず。道の駅でタクシーを呼べば済むハナシではないか。

シナリオどおりにコトは運んだ。道の駅でタクシーを呼んで名護の市街地へひとっ飛び。街の自転車屋さんに持ち込んでその場で修理してもらった。

パンク修理の一部始終を見ていたら自分にもできそうな気がしてきた。百均で買った「パンク修理キット」もどこかにあったはず。でも、いざそうなったらまた自転車屋さんに頼むんだろうな、きっと・・・。

S120115d4_01e
室内に保管しているせいでひ弱になったのか...

|

« 木漏れ日の道 | トップページ | 初カヤック 2012 »

コメント

そこまで行って・・・(地図で見るかぎりで想像)
んー・・・ 残念でしたねー(ノ_-。)

DAHON Route ひ弱にならぬよう(笑) 鍛えるべく 再度チャレンジ?
お写真 楽しみにしちゃったりして♪ きっと味わい深く鑑賞できそうな・・・ 


投稿: i y k | 2012年1月18日 (水) 22時35分

きまぐれなので、1度トライしてコケるともういいやになりそうな予感が・・・。人生投げやりで困ったものです (^_^;

投稿: tokajar | 2012年1月19日 (木) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木漏れ日の道 | トップページ | 初カヤック 2012 »