« 名護湾ドラマチック | トップページ | 沖縄の鯛 »

2012年6月29日 (金)

RYOGA降臨

壊れたジリオンPEを修理に出したのを潮にベイト・リールを買い足すことにした。選んだリールはダイワのリョウガBJ C1012PE-HWL。カタログを見てデザインに惚れた。例によってネットの通販で購入する。

商品発送のメールはすぐに来たけれど、なかなかブツが届かない。ジリジリしながらカタログを眺めていると、重さが300gであることに気がついた。それまで使用していたジリオンPEは220g。かなりのウェイト増だ。

昨年買ったスピニング・リールのルビアスは245gだった。ジリオンと25gしか違わないのに重く感じた。それが今回は300g! 非力な自分には早まった選択だったのかも。

後悔の念がジワジワ湧いてきた。なんで買う前にチェックしないんだよう。このまま永遠に届かなければいい。

しかし、リョウガはやってきた。宅配便のドライバーから受け取ると、案の定ズッシリとした感触。これは速攻でヤフオク行きか。受け取ると同時に手放す算段を始めていた。

とはいえ、モノも見てみたい。カタログの写真を見ただけで実物はまだ見たことがなかった。梱包を解いて手のひらにリールを載せる。ズッシリと重い。80gの重量差は歴然としていた。

その一方でデザインは期待どおりだった。銀色に輝くマシンカットとハンドルの青が粋なコントラストを見せている。質感も高く、所有欲を満たしてくれる。

Sdsc_0344e
Sdsc_0391e
Sdsc_0405ee

手に取って試す眺めつしているうちに、午後の時間はあらかた過ぎてしまった。人生の残り時間はどんどん短くなっていくというのに、そんなことでどーするよって感じ。

結局、ヤフオク直行はウヤムヤになった。だって、かっちょいいんだもん。代わりに、リールの重量増に負けないカラダを作ることにした。来週から朝のスロトレにメニューが一品加わることになりそうだ。

Simgp4573e
洗面所の隅でホコリを被っているダンベル。オマエが頼りだ。

|

« 名護湾ドラマチック | トップページ | 沖縄の鯛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名護湾ドラマチック | トップページ | 沖縄の鯛 »