« ジリオン復活? | トップページ | 風邪薬とハイボール »

2012年7月27日 (金)

海にかかる虹

5日間の夏休み。初日に天気予報をチェックする。翌日は風が弱いらしい。満潮が昼過ぎなので、早起きをしなくても下げ潮の時間帯を存分に狙えそうだ。

当日、外へ出ると東の風がけっこう強い。暗雲のように広がる予報ハズレの予感を打ち消して出艇場所へ。

波はそこそこあるものの釣りはできそうだ。真夏の強い日差しを受けて海が青く輝いている。早くカヤックを浮かべたくてウズウズする。

釣りを始めて10分ほどでアタリ。重量感はないが引きは小気味よい。上がってきたのはガーラの子供(?)。このサイズなら簡単に釣れるけど、デカい奴はなかなか・・・。

S120726w6_02e

沖へ出るにつれて波も高くなる。以前、良型のタマンを釣ったポイントを狙う。鯛ラバの投入を繰り返していると、コツコツとアタリ。そのまま巻き上げているとガツンときた。

重さはあるものの割とスンナリ上がってくる。と思っていたら水面間際で強烈な突っ込み。それを2度、3度とかわして無事にネットイン。赤い魚体が目にしみる。

S120726w6_03e
アカジン、43cm

その後、さらに沖を目指す。風を正面から受けて波をかき分けて進む。潮のしぶきがバッシャン、バッシャンと顔にかかり、カヤックは水浸しになる。それでも気分は高揚し、声にならない歓声をあげる。

が、波が高くて落ちついて釣りができない。結局、先ほどのアカジンのポイントに引き返すことに・・・。

それから長い沈黙が待っていた。風がなければ暑さでヘロヘロになり、早々に切り上げていただろう。そう考えると、真夏のカヤックフィッシングに風は必需品といえるかも。

風で流されてだいぶ岸に近づいていた。これを最後にまた沖へ向かおうと思いながら鯛ラバを落とす。着底と同時に強いアタリ。沖へ向かって猛然とダッシュする。

引きの感触からタマンっぽい。沖へ向かって走るタマンのパワーはハンパでないと聞いたことがあるけれど、本当だった。ドラグが鳴ってラインが一気に引き出されていく。ガーラ並みの突進力。それでも、全力疾走で体力を使い果たしたのか、最後はおとなしくネットに収まった。

S120726w6_05e
タマン、51cm

その後も岸よりのポイントでアタリが続き、ヒトスジタマガシラとイシミーバイを追釣して本日の釣りを終えた。

S120726w6_07e
S120726w6_08e

岸へ向かってカヤックを漕いでいると大粒の雨がパラパラ降ってきた。運動後に浴びるシャワーのように気持ちいい。振り返ると大きな虹が海にかかっていた。

S120726w6_10e

|

« ジリオン復活? | トップページ | 風邪薬とハイボール »

コメント

タマン 51cm ♪
虹のお見送り♪
ん~・・・ 気持ちのいい~釣りでしたねー(と、ほとんど 自分が釣りに行った気分・・・)

投稿: iyds | 2012年7月28日 (土) 00時53分

こんにちは。凄い釣果ですね!
最後のイシミーバイは綺麗ですね!

投稿: ジンベー | 2012年7月28日 (土) 10時44分

>iydsさん
タマン・パワー炸裂という感じでサイズ以上の引きを堪能できました。沖縄は降ったり晴れたりが多いので虹がよく出ます。虹を見るとなぜかトクをした気分になります^^

>ジンベーさん
夕方、イシミーが釣れるとそろそろ帰るかという気になります。釣行の幕引きを告げるサカナ?

投稿: tokajar | 2012年7月28日 (土) 14時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジリオン復活? | トップページ | 風邪薬とハイボール »