« 風邪薬とハイボール | トップページ | ボラヴェン来襲 »

2012年8月13日 (月)

黄昏のタマン

風邪が治ったのでカヤック・フィッシング。3週間ちかく浮いてなかった。禁断症状がそろそろ出始めていたような・・・。

釣行時間は午後の4時間ほど。満潮が夕方の5時半なので、そのあとの下げ潮が効き始めるときがチャンスとみた。

沖へでると少し波がある。風向きが変わり、岸に並行してカヤックが流されていく。ほぼ同じ水深エリアを継続して狙えるので都合がよい。

天気はいいし、風も適度にある。暑さも許容範囲。ただ、アタリがない。お盆休みでサカナも帰省してしまったのか。

炎天下で鯛ラバを落としては巻く作業がエンエンと続く。波に揺られて無の境地に達しかけた頃、待望のアタリ。夏バテ知らずの強い引きで50センチ強のタマンが釣れる。

S120813w6_02e

その後もアタリはあるものの、なかなかフッキングには至らない。やっと乗ったと思ったら小ぶりのハンゴーミーバイとか。

S120813w6_04e

風を受けてカヤックはどんどん流されていく。沖方向ではなく、岸沿いの針路なのでそのまま放置。気がつくと未知の海域に入っていた。初めて目にする陸景色が目の前に広がっている。

アタリが途絶えたので馴染みのポイントに戻ることにした。向かい風のなか、長時間のパドリングを余儀なくされる。釣りに集中している間に結構な距離を流されていた。

デカタマンの実績ポイントに帰り着くと、満潮から下げ潮に切り替わるちょうどよい時間帯だった。

気合いを入れて鯛ラバを投入して巻く。一巻入魂という感じ。日没まであと30分・・・。

ほどなく、着底と同時にアタリ。ドラグが鳴り、巻き取ったラインが倍返しで引きずり出されていく。スリリングな攻防戦。数度の突っ込みをかわすとサカナはやっと浮いてきた。

S120813w6_05e
タマン、58㎝

サイズ的にはほどほどの大きさ。それでも、最後まで衰えないパワフルな引きは、文句なしに今年これまでのベスト・ファイト。やはり、夕まずめは狙いどきだ。

|

« 風邪薬とハイボール | トップページ | ボラヴェン来襲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風邪薬とハイボール | トップページ | ボラヴェン来襲 »