« 秋晴れの海 | トップページ | GR DIGITAL IV購入 »

2012年10月28日 (日)

刺身パーティ

エサ切れで不完全燃焼に終わった先週のワーム・テンヤ。生エビによる本来のテンヤ釣法で仕切り直しをすることにした。

購入した冷凍エビはワンパック5百円ほど。半日の釣行ならこれで十分だ。ただ、時間が経つにつれて変色し、臭いもきつくなっていくのがちょっと・・・。

快晴で風も弱い。波がないのでテンヤ釣りにはいい感じ。飽きない程度にアタリがあり、ヒトスジタマガシラやオジサンが釣れる。

小気味よい引きで赤っぽい魚が釣れた。帰宅後に調べるとオキフエダイという名前らしい。釣れる魚の顔ぶれが多彩なのもテンヤのいいところ。

S121028w6_02e

すこし風が出てきた。7号のテンヤが斜めに流されて着底まで時間がかかる。8号に変えるべきか思案しているとアタリ。今日初めてドラグの音を聞く。最初はタマンだと思った。が、タマンにしては後半のファイトがイマイチ。浮上してきたのは大きなオジサンだった。

S121028w6_03e
オジサン(カタカシー) 41㎝

それからアタリがピタリと止んだ。昼過ぎのソコリ(干潮のピーク)までが勝負の時間帯。そのタイムリミットが刻一刻と迫っている。

このままタマンの顔を見ずに終わるのか。今日はなんとしてもタマンを釣りたい。

願いが通じたのか、タマンっぽいアタリ。猛然と突っ込むたびにドラグが鳴り、ラインが引き出される。ハラハラしながら慎重にやりとりする。無事にネットイン。安堵の息が漏れる。

S121028w6_04e
タマン 46㎝

オジサンとタマンはお持ち帰り。Barで知り合った常連さん2名を招き、その晩、自宅で刺身パーティーを開く。といっても魚の料理はゲストの達人にお任せ。

タマンの刺身は前に何度が食べたことがあるので味は分かっていた。オジサンを食べるのは初めてだが、刺身とバター焼きのいずれもGood。主役のタマンを完全に喰っていた。

S121028w6_08e
右側の赤い切り身がオジサン。主婦歴20年の包丁さばき・・・

|

« 秋晴れの海 | トップページ | GR DIGITAL IV購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋晴れの海 | トップページ | GR DIGITAL IV購入 »