« 風よ吹け | トップページ | 連休明けの浜 »

2012年10月 6日 (土)

台風のない週末

惰眠をむさぼり、昼前に起床。寝室の窓を開けると涼しい風が吹き込んでくる。例年より早くミーニシ(北東の季節風)のシーズンに突入したらしい。

カーテンを引くと気持ちよく晴れていた。この週末に仕事の予定はない。それ以上に嬉しいのは台風に封じ込められずに済むことだ。

今年はイケズな台風が多かった。週末の沖縄本島に狙いを定めて牙をむいて襲いかかる。その脅威から開放されて、この週末は心身ともに穏やかに過ごせる。風が強くてカヤックを出せないのは残念だけど。

最近買ったブラッド・メルドーの「ハイウェイ・ライダー」を聴きながら、この週末にやるべきこと、秋から冬にかけてやりたいことを頭の中で整理する。

残り少ない今年の抱負は、日々の生活にクリエイティブな営みを取り戻すこと。Barをハシゴして飲んだくれる習慣が定着しつつある今、生活がアルコール一色に染まらないようにという自戒の念が湧きはじめていた。

対策のひとつは中年カメラ小僧に立ち返ること。最近は写真を撮りに外出する機会がほとんどなくなっていた。前から欲しかったコンデジの価格もだいぶ下がってきたので、折り畳み自転車をクルマに積んで沖縄本島のお気に入りエリアを撮影行脚する「DAHONでGR作戦」を実行に移す好機かもしれない。

もうひとつは文字による創作。最近、「琉球新報短編小説賞」という賞の存在を知った。締切は10月末なので今年はもう間に合いそうもないけれど、できれば来年トライしたい。

そのモチベーションの源泉はじつはBar通いにあったりする。行きつけの店ができて常連客とも馴染みになれば、人生の奥深さを垣間見る機会にも恵まれる。深夜にカウンターで交わされる言葉の断片を拾い集めてカタチにできれば愉しいと思う。

そんなわけで、この週末の予定も飲酒三昧。結局、飲み屋通いに「取材」という口実が欲しかっただけと思うのは気のせいか。

Simgp4783e
飲んだくれて朝日と夕日の区別がつかない今日この頃・・・

|

« 風よ吹け | トップページ | 連休明けの浜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風よ吹け | トップページ | 連休明けの浜 »