« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月23日 (金)

帰郷 2012

明日から東京の実家に1週間ほど帰省することになった。正月だった年に1度の帰省が昨年は12月中旬に繰り上がり、今年はさらに繰り上がって11月下旬へ。

11月なら飛行機のチケットが安く取れる。忘年会シーズンの前なので友人・知人とのアポもとりやすい。店の予約もラク。

いいことづくめなのだが、最大の恩恵は12月よりも気温が高いこと。亜熱帯の気候に慣れた体に内地の寒さはこたえるのだ。最近は気温が20℃を切ると心身の活性が低下する気がする。

今回の上京ではLCC(格安航空会社)の利用も考えた。空港が成田になるのは不便だけど、今年は時間に余裕がある。安さには心惹かれたが、結局、いつも利用しているスカイマークに落ちついた。決め手となったのはLCCよりもシート間隔が広いこと。年に1度の帰省でしんどい思いはしたくない。

帰省絡みで丸十日休むことになる。その代償でこの2週間は仕事漬けの日々となった。毎日10時間以上パソコンに向かう。外へ出るのは買い物のときくらい。腰の調子がよくないのは座りっぱなしで血流が悪くなったせいか。食事に占める冷凍食品とレトルト食品の割合も極端に高くなった。

それもやっとおしまい。明日から東京だ。カレンダーを見ると5日連続で飲むことになりそう。弾けてくるぜ。

東京郊外の実家へ帰り着けるように終電の時間をチェックした。遅くとも12時前には店を出なければならない。夜中の2時、3時まで飲んだくれても歩いて帰宅できることの有り難みを改めて感じた。でも、コレって本当に有り難いことなのか・・・。

S121121gr_01e
幽閉生活からの開放・・・

| | コメント (8)

2012年11月 3日 (土)

GR DIGITAL IV購入

前から欲しかったリコーのGR DIGITAL IVを購入した。価格は送料込みで41,558円。コンデジとしては高価だが、1年前には6万以上していたことを思えば安くなったものだ。

高いだけあってモノが違う。それが実際に手にした印象だった。シリーズ4作目とあって熟成度が増し、きっちりと作り込まれている。精緻な液晶とAFの速さは評判どおり。ホールド感もよい。

GR DIGITAL IVでは、試してみたい新機能があった。それは画像設定ブラケット。1回のシャッターで3種類の画像を同時に得られるので便利だ。

今回は「スタンダード」「ブリーチバイパス」「ハイコントラスト白黒」を選択する。設定を済ませたら、早く写真を撮りたくてウズウズしてきた。

21世紀の森公園から東江の人工海浜までGR DIGITALを持ってのんびり歩いた。目にとまった被写体に節操なくレンズを向ける。晴れていても液晶は見やすかった。画像ごとのサンプル写真は以下のとおり(フォトショップエレメンツで一部修正)。

<スタンダード>
S121103gr_08e
S121103gr_23e
S121103gr_28e
S121103gr_38e

<ブリーチバイパス>
S121103gr_03e
S121103gr_16e
S121103gr_25
S121103gr_27e

<ハイコントラスト白黒>
S121103gr_13e
S121103gr_17e
S121103gr_32e
S121103gr_44e

色の褪せたブリーチバイパスは心象風景のような味わいでおもしろい。ハイコントラスト白黒は被写体を選ぶかも。次は通常の「白黒」で試してみたい。スタンダードの画質も立派。コンデジとしてはトップクラスだと思う。

初めて使用したGR DIGITALは使いやすかった。使いこなすにつれて愛着も湧いてくることだろう。デジカメ散歩の「最終兵器」をついに手に入れた。マンモスうれぴー。

S121104w6_03e

| | コメント (4)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »