« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月26日 (土)

初テンヤ 2013

風が穏やかでカヤック日和の土曜日。午前中の下げ潮ねらいで出漁する。

ターゲットの選択にはしばし悩んだ。イカにするかサカナにするか。現在、イカは2連敗中。3度目の正直とも言うけれど、どうも釣れる気がしない。結局、エビ・テンヤをメインにし、片手間にティップランも試すことにした。

8時半頃に釣りを開始。風が弱いのでベイトリールでも5号のテンヤを使える。ほどなく、小気味よい引きで小ぶりのオジサンが釣れる。

テンヤを巻き上げていると何かがヒット。重量感はさほどないが、引きが強くてラインが何度か引き出される。水面直下の最後の突っ込みをかわして浮上したのはオオカマスだった。その後、岸近くに戻り、良型のイシミーバイを追釣する。

S130126w6_03e
オオカマス(48cm)
S130126w6_04e
イシミーバイ

サカナを2匹ゲットしたのでティップランを試す。やはりアタリはない。早々に見切りをつけてふたたび沖へ。6号のテンヤで釣りを再開。干潮まであと1時間。待てど暮らせどアタリはない。

着底後、テンヤをシャクると重い。最初は根掛かりだと思った。それからドラグが鳴り、ラインが一気に引き出される。リールのスプールが白く粉を吹く。

ファーストランを何とかかわし、リールを巻こうとするが重くて巻けない。再度ドラグが鳴り、ラインが引き出される。スキを見てリールを巻き、また引き出される。そんなことを繰り返していると、魚の抵抗も徐々に弱まってきた。

海中を覗くとほの白い魚体が見える。ガーラっぽい。それにしては真下に向かってグイグイ引いた。おかしい。海面に浮上した魚を見て驚いた。

S130126w6_06e
S130126w6_08e
ヒレナガカンパチ(62cm)

カンパチを釣るなら、浅場に移動する冬がチャンスだとは聞いていた。とはいえ、テンヤでカンパチが釣れるとは思わなかったのでビックリ仰天。

最初の驚きが収まると、喜びがジワジワとこみあげてきた。いつの日かカヤックでカンパチを釣りたい――ずっとそう思っていた。その夢が新年早々に叶うとは・・・。

S130126gr_01e S130126w6_09e
とびきり新鮮なカンパチの刺身。喜久酔で美味しくいただきました。

| | コメント (4)

2013年1月16日 (水)

デジカメ・ウォーキング 2013

夕方、仕事を終えて21世紀の森公園へウォーキングに行く。海は穏やかだった。のっぺりと澱んだ水面が広がっている。

最初にレンズを向けたのは野良猫の集団。子供の頃は嫌いだったのに、最近は猫をよく撮るようになった。マイペースで自由奔放なところに惹かれるのかも。

S130116gr_01e

ネコ集団の近くには、あまり美しくない木が等間隔で植えられている。夕焼け空を背景にしたその情景は、昔はやった「異邦人」の歌詞を思い起こさせた。

S130116gr_04e
子供たちが空に向かい 両手をひろげ 鳥や雲や夢までも つかもうとしている♪

ひとまずカメラを上着のポケットに仕舞い、しばしウォーキングに専念する。老いは足から始まると言うし・・・。

左側に青い四角形が見えてきた。植えたばかりの幼木を保護するネットらしい。

S130116gr_05e

さらに進み、海へ突き出た堤防を歩く。足下には黒々としたイカ墨が・・・。

S130116gr_08e
デジカメ持参でなければ目をそむけて通り過ぎていた。

去年の夏は週1~2回の頻度でジョギングをしていた。それが、最近ではウォーキングすらご無沙汰。念願のGR DIGITAL Ⅳも手に入れたので、今年は夕方のデジカメ・ウォーキングを復活させたい。

S130116gr_10e
山の斜面を彩る今年の光文字は「喜」。笑う門には福来たるか。

| | コメント (2)

2013年1月12日 (土)

金武を歩く

3連休の初日。カヤックを出すことも考えた。午後から風が強くなるという。結局、諦めてドライブ + デジカメ散歩に・・・。

すこし遠出することにした。向かった場所は金武(キンと読む)。キャンプハンセンの国道329号を挟んだ向かい側に米兵向けの歓楽街「金武社交街」がある。

土曜の昼下がり、小雨がぱらつく閑散とした通りを歩く。街の雰囲気はコザ(沖縄市)にちかい。金武のほうが寂れた感じがする。薄目を開けてまどろむような・・・。

S130112gr_22e_2
S130112gr_06e_2
S130112gr_20e_2
S130112gr_24e_2

レトロでエキゾチック、チャンプルーかつディープな日本ともアメリカともつかない空間。通りで子供が遊んでいる。ハーフっぽい、フォトジェニックな顔立ちの女の子。こういうとき、さっと寄ってニッコリ笑って写真を撮れるキャラならいいのにと思う。

歩いているうちに小腹が空いてきた。老舗の久松食堂で名物のチーイリチャーを注文する。ニンニクが効いていて美味しい。ただボリュームが多くて後半はかなり苦戦。

それでも完食してふたたび金武の街へ。国道の北側、キャンプハンセンに隣接するエリアを歩く。

S130112gr_12e
S130112gr_16e
金武観音寺。境内には泡盛の酒蔵に使われている鍾乳洞もある

正味2時間半ほどのデジカメ散歩。GR DIGITAL Ⅳは夜景にも強いので、次回は社交街の夜の顔も写してみたい。濡れた路上に妖しいネオンがきらめく雨上がりの夏の夜に・・・。

S130112gr_02e
さっと寄ってニッコリ笑って写真を撮れるのは野良猫だけ

| | コメント (2)

2013年1月 5日 (土)

工場萌え in Nago

正月休み中にGR DIGITAL Ⅳで写真を撮りたいと思っていた。明日から仕事を始めるので今日が最後のチャンス。夕方、雨があがったのでクルマで出かける。

工場の煙突や配管、タンクなどに「美」を見いだすことを"工場萌え"というらしい。昔から工場の配管を眺めるのが好きだった。無骨で無機的な外観が放ついぶし銀の輝き。かつてSL(蒸気機関車)に抱いた機能美に近いものを感じた。

今日の被写体はその工場。名護市安和にあるセメント工場だ。海辺の駐車スペースにクルマを停めて煙突に向かって歩いていく。

工場の柵に沿って道が伸びていた。道を登っていくと巨大な配管群が姿を現した。

S130105gr_03e_2
S130105gr_04e_2
S130105gr_08e_2
S130105gr_13ee_2

周囲には鬱蒼と木々が茂り、まさにやんばるの工場という感じ。次回は場所を変えて別の角度からも写してみたい。

| | コメント (2)

2013年1月 4日 (金)

元旦イカボーズ

イカが釣れない。年末年始にカヤックによるティップラン釣行を2回試みた。いずれも敗退。どよ~んと重く沈んだ気分で新年を迎えることに・・・。

1回目は釣れなくて当然だった。前日に飲み過ぎてしまい、チャンスだった午前中の下げ潮を逃していた。さらに、着底後にシャクって底を切ったエギをそのまま放置していた。10秒ほど待ってアタリがなければエギを再着底させてシャクる動作を繰り返さなければいけなかったのに。

ティップランの解説書を読み、もろもろの知識を頭に入れてリベンジ釣行に臨んだ。2013年1月1日、下げ潮の時間帯に合わせて出漁。エギを再着底させてシャクる動作をマメに繰り返す。

アタリがなかったわけではない。それらしいアタリを感じて一瞬乗った感触を得たこともあった。ガーラっぽい大型魚にエギをひと呑みされてリーダーをブチ切られもした。

が、アオリイカの釣果は得られなかった。帰宅後、釣れない原因についてあれこれ考えた。イカがいないところで釣りをしていた? シャクリの動作が不充分?(四十肩の後遺症で肩が十分に上がらない)、エギの色や形がイカの好みでない?

ハッキリしたことはわからない。内地でティップランがブームだからといって、それをそのまま沖縄の海に適用できるとは限らないということか。

とはいえ、沖縄でもティップランで釣っている人は釣っている。しかも、とびきりデカいアオリを・・・。

イカを待ちきれずに全部飲んでしまった「喜久酔」。今日、新たに3本注文した。2013年上半期の最優先課題はイカの刺身で喜久酔を飲むこと。課題達成への道は遠く険しく心許ない。

S120213w6_03e
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »