« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日 (月)

カンパチ萌え

朝5時半起床。カヤックは昨日のうちに車に載せてある。コンビニで買ったおにぎりを車内で食べて出艇場所へ。

今日も午前中の下げ潮をねらう。ターゲットはもちろんカンパチ。なので、ひたすら沖を目指して漕ぐ。目安は水深50~60mライン。魚探がないのでPEラインでおおまかに測るしかないのだが。

7時半に釣りを開始。朝日を浴びながら釣りをするのは久しぶりだ。2月にカヤックを出すこともこれまでなかった。それもこれも、みーんなカンパチに逢いたいがため。

第1投は、2週間前にホシカイワリを釣った50gの鯛ラバ。30分ほどでアタリ。重量感はないが、途中で何度か激しく突っ込む。海面近くでも激しく抵抗。顔を見るとやっぱりアイツ。

S130225w6_02e
オオカマス。50cm

その後、鯛ラバをロストしたので60gのインチクで釣りを続ける。青、オレンジ、ピンクといろいろ試すがアタリはない。

高速でインチクを回収中になぜかヒット。最初はあまり引かなかったが、途中から猛然と走りだす。きつめにしたドラグが鳴り、ラインが引き出される。ケイレンするような独特の引き。姿を見る前におおよその見当はついていた。

S130225w6_04e
スマ。40cm

すこし波が出てきた。大潮なので潮の流れが速い。80gのインチクをしばらく使う。アタリがないのでふたたび60gへ。

着底後、15mほど巻き上げたときにガツンとアタリ。ドラグが鳴ってラインが猛スピードで出ていく。かなりの大物っぽい。これは腰を据えてじっくり取り組まねば・・・と思った矢先に竿先がフッと軽くなる。痛恨のラインブレーク。放心状態のまま波に揺られる。

1月にカンパチを釣った場所だった。時間も同じ干潮のすこし前。引きの強さから言ってもおそらくカンパチだろう。

ポイントとタイミングはほぼ特定できた。釣れるインチクの色も。あとは仕事と風の切れ目が重なる日をひたすら待つだけ。

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

ホシカイワリ

天気は曇り。雨の可能性もある。が、風は許容範囲だった。ネットで天気予報を確認し、2杯目の日本酒をガマンして居酒屋をでる。明日は6時に起きなければ...。

予定どおり6時に起床。例によって準備に手間取り、カヤックを海に浮かべたのは9時をまわった頃だった。

今日のメイン・ターゲットはカンパチ。いつもの0.8号から1号にPEラインを強化し、リールもジリオンからリョウガBJ C1012PEにアップグレードした。手持ちの釣り道具で最強の布陣を敷く。

午後1時過ぎが干潮なので、午前中が勝負だった。初カンパチはテンヤで釣ったけれど、今回はインチクや鯛ラバも総動員する。

沖目の水深50mラインを60gのインチクで攻める。ほどなく、何か掛かるがバレてしまった。その後も1、2回アタリを感じたがヒットまでには至らない。

エビ餌のテンヤ仕掛けも試すが、水深があるうえにベイトリール + PEライン1号なので効率が悪い。

タマン・キラーでガーラにも実績がある鯛ラバを久しぶりに投入する。2投目にアタリ。ドラグが緩めだったのか、ハデにラインが引き出されていく。

真下に引くのでガーラではなさそう。とはいえ、前回のカンパチほど引きは強くない。単にサイズが小さいのか。

シルバーに輝く魚体が見えてきた。カンパチかそれともガーラか。慎重にネットインしたサカナは・・・。

Simgp4928e
Simgp4924ee
ホシカイワリ(49㎝)

写真を撮ってリリースすると、そのまま海面に浮かんでいる。これはキープするしかないと思ってネットに手を伸ばした。と、一転身をひるがえして海中へ。

その後、干潮間際にテンヤでオジサンを追釣し、本日の釣りを終了する。

S130210w6_03e

本命のカンパチは釣れなかった。それでも、マイ釣魚カタログのエントリーがこれでまたひとつ増えた。満足して帰宅し、ネットでホシカイワリについて調べる。「シマアジに似て美味」と書いてあった。もっと早くネットに手を伸ばしていれば・・・。

| | コメント (2)

2013年2月 1日 (金)

2月の晴れた日は

昨年とは打って変わり、この冬の沖縄は晴れる日が多い。仕事が一段落ついた金曜日。風が強いのでカヤックは断念し、久しぶりに山へ行くことにした。

向かったのは勝山にある古巣岳。いつものように公民館の前にクルマを停めて歩き出す。沿道ではピンクの桜が出迎えてくれた。

S130201d4_01e

シークヮーサー畑を抜けて涸れ沢に足を踏み入れる。今日のメイン・カメラはNikon D40+標準ズーム。ファインダーで構図を決めてシャッターを切る快感を久しぶりに味わう。

S130201d4_02e
S130201d4_08e
S130201d4_11e
S130201d4_12e
S130201d4_15e

この谷沿いの登山道は、人里近くにありながら深山の雰囲気を味わえるお気に入りのコースだ。去年の台風の影響か、道がすこし荒れている箇所もあったが、随所に付けられた赤いテープが誘導してくれる。

写真を撮りながら2時間ほどかけてようやく稜線へ。前方に古宇利島や屋我地島が見わたせる。

S130201d4_19e

すぐ近くに見える嘉津宇岳の山頂には寄らずに、古巣岳へ下る道に入る。この山域は先の尖った石灰岩が多い。ヘタに転ぶと大怪我をしかねないので慎重に進む。

首にかけていたNikon D40をデイパックに仕舞い、サブ用に持参したGR DIGITAL Ⅳを胸のポケットへ。2台体制だとこんなふうに使い分けることもできる。

S130201gr_04e
古巣岳山頂から名護市街を展望

久しぶりの山歩き。人里に下りる頃には膝に痛みを感じていた。最初は三角山→安和岳→古巣岳の縦走も考えたのだが、やめておいて正解だった。

帰宅後に写真をチェック。撮影時の快感はNikon D40が上だけど、白飛びがけっこう多い。画質はGR DIGITAL Ⅳのほうが良さそうだ。F1.9とレンズも明るいので、山歩きの相棒はGR一択に決定か。

S130201gr_08e
GR DIGITAL Ⅳで撮影(f/1.9、1/32秒)

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »