« ホシカイワリ | トップページ | 沈黙の春の海 »

2013年2月25日 (月)

カンパチ萌え

朝5時半起床。カヤックは昨日のうちに車に載せてある。コンビニで買ったおにぎりを車内で食べて出艇場所へ。

今日も午前中の下げ潮をねらう。ターゲットはもちろんカンパチ。なので、ひたすら沖を目指して漕ぐ。目安は水深50~60mライン。魚探がないのでPEラインでおおまかに測るしかないのだが。

7時半に釣りを開始。朝日を浴びながら釣りをするのは久しぶりだ。2月にカヤックを出すこともこれまでなかった。それもこれも、みーんなカンパチに逢いたいがため。

第1投は、2週間前にホシカイワリを釣った50gの鯛ラバ。30分ほどでアタリ。重量感はないが、途中で何度か激しく突っ込む。海面近くでも激しく抵抗。顔を見るとやっぱりアイツ。

S130225w6_02e
オオカマス。50cm

その後、鯛ラバをロストしたので60gのインチクで釣りを続ける。青、オレンジ、ピンクといろいろ試すがアタリはない。

高速でインチクを回収中になぜかヒット。最初はあまり引かなかったが、途中から猛然と走りだす。きつめにしたドラグが鳴り、ラインが引き出される。ケイレンするような独特の引き。姿を見る前におおよその見当はついていた。

S130225w6_04e
スマ。40cm

すこし波が出てきた。大潮なので潮の流れが速い。80gのインチクをしばらく使う。アタリがないのでふたたび60gへ。

着底後、15mほど巻き上げたときにガツンとアタリ。ドラグが鳴ってラインが猛スピードで出ていく。かなりの大物っぽい。これは腰を据えてじっくり取り組まねば・・・と思った矢先に竿先がフッと軽くなる。痛恨のラインブレーク。放心状態のまま波に揺られる。

1月にカンパチを釣った場所だった。時間も同じ干潮のすこし前。引きの強さから言ってもおそらくカンパチだろう。

ポイントとタイミングはほぼ特定できた。釣れるインチクの色も。あとは仕事と風の切れ目が重なる日をひたすら待つだけ。

|

« ホシカイワリ | トップページ | 沈黙の春の海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホシカイワリ | トップページ | 沈黙の春の海 »