« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

週末カヤッカー

3月に入ってからほぼ週1のペースでカヤック・フィッシングに行っている。風の弱い日と休日がたまたま重なってくれた。最近は土・日を休みにしているので、週末を楽しみに平日は仕事に励む健全な日々。

前回、イヌバーに折られたタモを新調し、今日も週末釣行へ。午後3時までの下げ潮をメインに上げっぱなもねらう。

10時過ぎに岸寄りのポイントで釣りを開始する。30gの鯛ラバを使うがアタリはない。沖へ移動しながら重めの鯛ラバへ替えていく。

曇りで風も弱い。暑くも寒くもなく、海の上で1日快適に過ごせる気がする。とはいえアタリがなさすぎ。去年は3月下旬に初タマンをゲットしたのだが。

鯛ラバからインチクに変えて何投目かにアタリ。待ちかねたドラグの音が響く。数回の突っ込みをかわして浮上したのは白いサカナだった。

S130330w6_03e
サザナミダイ(アマクチャー)、43cm

その後、岸寄りのポイントに戻って鯛ラバを投入するとアタリ。竿先を小刻みに叩くような鋭い引き。急に竿先が軽くなり、バレたかなぁと思っているとまた激しく竿先を引き込む。トリッキーな引きを楽しんでいたら、フッと軽くなり、本当にバレてしまった。

フックをチェックすると、大きく引き伸ばされている。恐ろしく口の硬いサカナだ。結局、これが最後の見せ場となり、夕方までねばったが2匹目は得られなかった。

今日使用したリールはリョウガBJ C1012PE。塩噛みしたらしく、巻き上げるとカリカリ異音がする。まだ数回しか使っていないのに・・・。

カヤックの場合、ロッドホルダーに竿を差すとリールと海面の位置が近くなり、海水を被りやすくなる。それも塩噛みの一因だろう。愛着が湧き始めていたので残念な気分だった。

その一方で、以前使っていたジリオンPEの良さも再認識していた。リョウガはレベルワインドがシンクロするせいでラインの落下が遅くなる気がする。1号のPEラインで30gの鯛ラバだと特にそう感じた。ジリオンPEはラインの落下が速く、本体も軽い。

とりあえず、リョウガはオーバーホールに出すつもり。戻ってきたら、実戦には復帰させずに「お触り&観賞用」にする予定。ウイスキーをロックでチビチビやり、手に取って試す眺めつしながらニンマリする。デザインと質感はピカイチだから。

| | コメント (2)

2013年3月22日 (金)

ピンク&レッド

昼から風が強くなるという。干潮が10時なので、朝の3時間を集中的に攻めることにした。ネットで注文した鯛ラバが届いたので、その試し釣りも兼ねることに・・・。

昇ったばかりの朝日を浴びて沖へ向かってカヤックを漕ぐ。爽快な気分。最近はカヤックのためなら早起きも厭わない。年明け早々、思わぬ釣果に恵まれて本気モードへ一気にシフトした気がする。

そんなわけで、今日も気がつくと「カンパチ・ポイント」の周辺をウロウロ。もうほとんどビョーキだ。

が、先週同様にアタリはない。ネットで購入した鯛ラバを順に試してみた。タングステン製の鯛ラバ(ビンビン玉)も今回初めて使用する。速く沈むのがウリだが、期待したほどの差は感じられなかった。

結局、干潮までの時間帯にアタリはなく、ゲームは延長線へ。これを機にカンパチはあきらめて岸寄りのタマンのポイントへ移動する。

10時半をまわった。そろそろ上げ潮が効いてくる頃。と、ビンビン玉にアタリ。ドラグが鳴り、糸が引き出される。それほど重量感はないが、途中で鋭く突っ込む。40㎝級のタマンか。しかし、上がってきたのはピンクのサカナ・・・。

S130322w6_04e
ヨナバルマジク、42cm

昨年釣ったものより型は落ちるが、姿形の美しさに思わず見とれてしまう。下げ潮勝負のつもりだったけれど、マジクが釣れたので上げ潮もイケそうな気がしてきた。

その後、鯛ラバを高速回収中に竿ごとひったくるような激しいアタリ。同時にラインが一気に引き出されていく。今まで体験したことがない重量感。ファーストランの後も、何度か激しく突っ込む。抵抗が弱まるとリールを巻く。またラインが引きずりだされる。いつ果てるともなく続く攻防戦。

中層でヒットしたので青物だと思っていた。良型のカツオとか。ところが、力尽きて浮いてきたのは赤いサカナ。無理やりネットに押し込む。カヤックに引き上げると同時にネットの柄がポッキリ。折れたのが竿でなくて幸いだった。

S130322w6_06e
イトヒキフエダイ(イヌバー)、70㎝

カンパチこそ釣れなかったが、終わってみればマジクにイヌバーと絢爛豪華なゲスト陣。最近は下げ潮ねらいの釣行が多いけれど、上げっぱなもチャンスかも。

| | コメント (2)

2013年3月16日 (土)

沈黙の春の海

6時半にセットした目覚ましで起床。予報どおり穏やかに晴れている。満潮の9時半から干潮の4時までが本日の釣りタイム。長い「真昼の闘い」に備えて日焼け止めを入念に塗る。

9時半過ぎにはカヤックで海に浮かんでいた。いつもは支度に手間どって逃していた下げっぱなのチャンスを今日は狙えそうだ。

早く仕掛けを下ろしたい気持ちを抑えて「カンパチ・ポイント」へとフネを進める。風が弱いので漕ぐのがラク。春のやわらかい日差しが心地よい。今日はイケそうな気がする。

ターゲット・ポイントに到着。先月、スマを釣ったオレンジのインチク(60g)を投入する。しばらく探るがアタリはない。青、ピンクとインチクの色を変える。ダメ。続いて鯛ラバを試す。やっぱりダメ。

ふたたびインチクを投入するとアタリ。が、釣れたのは小ぶりのオジサンだった。

S130316w6_02e

下げっぱなのチャンスはあっという間に過ぎ去り、そのあとは長い沈黙が待っていた。結局、干潮直前の時間帯に最後の望みを託すことに・・・。

そろそろだなと思ったときにアタリ。最初の抵抗は弱かった。一呼吸おいて強い引き。キターと心のなかで叫ぶ。同時に竿先が軽くなる。仕掛けを上げると、インチクのタコベイトが真っ二つに切られていた。

1月のカンパチ釣りで体験したアドレナリン全開のドラマは、こうして再現されぬまま終わった。じつはコレ、今日だけのハナシではない。先週の出漁もオジサン1匹の貧果だった。

テンヤで予期せぬカンパチを釣って以来、「カンパチ病」に取り憑かれてしまったらしい。あのパワフルな引きを一度味わうと、夢よもう一度という思いが強くなる。

でも、それも今日でとりあえずおしまい。次は心機一転、テンヤで五目ねらいといきますか。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »