« ピンク&レッド | トップページ | 小タマン日和 »

2013年3月30日 (土)

週末カヤッカー

3月に入ってからほぼ週1のペースでカヤック・フィッシングに行っている。風の弱い日と休日がたまたま重なってくれた。最近は土・日を休みにしているので、週末を楽しみに平日は仕事に励む健全な日々。

前回、イヌバーに折られたタモを新調し、今日も週末釣行へ。午後3時までの下げ潮をメインに上げっぱなもねらう。

10時過ぎに岸寄りのポイントで釣りを開始する。30gの鯛ラバを使うがアタリはない。沖へ移動しながら重めの鯛ラバへ替えていく。

曇りで風も弱い。暑くも寒くもなく、海の上で1日快適に過ごせる気がする。とはいえアタリがなさすぎ。去年は3月下旬に初タマンをゲットしたのだが。

鯛ラバからインチクに変えて何投目かにアタリ。待ちかねたドラグの音が響く。数回の突っ込みをかわして浮上したのは白いサカナだった。

S130330w6_03e
サザナミダイ(アマクチャー)、43cm

その後、岸寄りのポイントに戻って鯛ラバを投入するとアタリ。竿先を小刻みに叩くような鋭い引き。急に竿先が軽くなり、バレたかなぁと思っているとまた激しく竿先を引き込む。トリッキーな引きを楽しんでいたら、フッと軽くなり、本当にバレてしまった。

フックをチェックすると、大きく引き伸ばされている。恐ろしく口の硬いサカナだ。結局、これが最後の見せ場となり、夕方までねばったが2匹目は得られなかった。

今日使用したリールはリョウガBJ C1012PE。塩噛みしたらしく、巻き上げるとカリカリ異音がする。まだ数回しか使っていないのに・・・。

カヤックの場合、ロッドホルダーに竿を差すとリールと海面の位置が近くなり、海水を被りやすくなる。それも塩噛みの一因だろう。愛着が湧き始めていたので残念な気分だった。

その一方で、以前使っていたジリオンPEの良さも再認識していた。リョウガはレベルワインドがシンクロするせいでラインの落下が遅くなる気がする。1号のPEラインで30gの鯛ラバだと特にそう感じた。ジリオンPEはラインの落下が速く、本体も軽い。

とりあえず、リョウガはオーバーホールに出すつもり。戻ってきたら、実戦には復帰させずに「お触り&観賞用」にする予定。ウイスキーをロックでチビチビやり、手に取って試す眺めつしながらニンマリする。デザインと質感はピカイチだから。

|

« ピンク&レッド | トップページ | 小タマン日和 »

コメント

はじめまして。
宜野湾市在住のグッシーと言います。
最近コンディションがあわずなかなかカヤックを出せません。
羨ましいです。。
名護湾でもカンパチあがるんですね。。。
一度,ご一緒して見たいですね。
因みに僕の愛カメラはFujiXー10活用してます。。。(^_^;)

投稿: グッシー | 2013年4月 6日 (土) 14時21分

はじめまして。コメント、ありがとうございます。グッシーさんのブログはときどき拝見しています。デスペラード、カッコイイですね。またKFのお誘い、ありがとうございます。ただ、仕事がイレギュラーで気まぐれな釣行なので、当面は一人ぽつねんと浮かぶことになりそうです(ご一緒したらデスペラードが欲しくなりそうでコワいです (^_^;)。X10はクラシックな趣が所有欲をそそりますね。例年、冬は撮影シーズンだったのですが、今年はカンパチを釣ったせいでKFにのめり込み、GR DIGITAL IVの出番がほとんどありませんでした。

投稿: tokajar | 2013年4月 6日 (土) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピンク&レッド | トップページ | 小タマン日和 »