« 週末カヤッカー | トップページ | 故郷の味 »

2013年4月 8日 (月)

小タマン日和

土・日は風が強かったので月曜に出漁する。いつもの出艇ポイントへ。風はないものの意外と波が高い。しばらく様子を見ていたが、収まりそうもないので場所を変えることにした。

向かった先はリゾート・ホテルが多く建つエリア。ジェットスキーなどのマリンスポーツが盛んなため、夏は落ちついて釣りをできる環境ではない。シーズン前の平日のせいか、今日は静かだった。

その平穏な海にカヤックを浮かべる。沖へ出るとウネリがある。それでも風がないので漕ぎやすい。

目の前には新緑の低い山々が連なっている。晴れてはいても風が冷たくて気持ちがいい。今日は1日ボーッと海に浮かんでいるだけで満足できそうな気がする。

とは言うものの、サカナの顔が見られないのはやはり寂しい。こまめに移動して鯛ラバの投入を繰り返す。と、待望のアタリ。重量感はないがドラグを鳴らす元気いっぱいの引き。

S130408w6_03e
タマン 34cm

小さいながらも今年の初タマンをようやくゲット。タマンを見ると、カヤックフィッシングのシーズン幕開けという気がする。

その後もポツリポツリとアタリがあり、小魚が遊んでくれる。

S130408w6_04e
S130408w6_05e

もうすこしデカいといいんだけど。50㎝オーバーのタマンの引きを頭の中で思い返していた。その想いが通じたのか、着底と同時に強いアタリ。つづいてドラグが悲鳴をあげる。

S130408w6_11e
タマン 40cm

まだまだ小さいけれど、タマンらしいパワフルな引きを味わうことができた。

そのあと、干潮後の上げっぱなに小タマンを追釣し、今日の釣りを終えた。

S130408w6_13e
タマン 35cm

今日使用したリールはシマノのメタニウムMg。オーバーホールに出したリョウガとジリオンの代わりに最近購入した。シンプルでスッキリとしたデザインが好印象。それに170gと軽いので扱いやすい。耐久性についてはまだ分からないが、波を被る頻度が高いので、遅かれ早かれ塩噛みは避けられない気がする。

S130408w6_08e
春の海 ひねもす のたりのたりかな

|

« 週末カヤッカー | トップページ | 故郷の味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末カヤッカー | トップページ | 故郷の味 »