« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

アイラモルトの悦楽

若い頃の自分にとってウイスキーは2種類しかなかった。すなわち、高級ウイスキーと安物のウイスキー。高いのはオールドやリザーブ、安いのはトリスやホワイト。

学生で金がないから飲むのはもっぱら安いほうだ。たまにオールドなどを飲むと、高いウイスキーはさすがに旨いと感激した。何がどう旨いのかは説明できない。高いから旨いのだ。そもそも水割りで飲むので味の違いはよくわからなかった。

30代以降になると、ウイスキーを飲む機会が極端に減った。翌日が仕事のときはビールが無難に思えたし、ゆっくり酒を飲みたいときは日本酒を選んだ。日本酒なら味の違いがわかる。自分の好きな銘柄を思い浮かべることもできた。

自分にとって無縁な存在だったそのウイスキーが、なぜか今、マイ・ブームとなっている。

コトの発端はバー通いだった。ユンタクが目的だったので、酒はビールでもよかった。それがいつしかハイボールとなり、よりダイレクトなロックへと変わっていった。

そして今、シングルモルトのスコッチ・ウイスキーにハマっている。とりわけアイラモルトが好き。イギリス・スコットランドのアイラ島にある蒸留所で製造され、いずれ劣らぬクセモノぞろいだ。その特徴は、潮の香り、ヨード香、スモーキーなどと形容される独特の強い香りにある。

最初の出会いはラフロイグだった。ひとくち飲んでウヘッと思う。正露丸のような臭いがするのだ。それでも、飲み続けるうちに旨いと感じるようになった。

まだアレコレ飲み比べている段階だが、銘柄ごとに強い個性を感じる。最近は、香りを楽しめるように水でウイスキーを1対1に割ったトワイスアップで飲むことも多い。

S130525w6_02e
アードベッグ。とりわけスモーキーなアイラモルト

20代の頃、手っとり早く酔える効率的な道具でしかなかったウイスキーが、歴史と文化、自然風土を濃縮した「作品」となって目の前に並んでいる。歳を重ねることで新たな愉しみが得られたとしたら、それもまた良しと思うべきなのかもしれない。

S130525w6_01ee_2
香りに酔う、味に酔う、そしてラガヴーリンをトワイスアップで飲む自分に酔う

| | コメント (4)

2013年5月12日 (日)

浮かばない休日

北寄りの風、3メートル。曇り。カヤックフィッシングには文句なしの日曜日。でも、浮かばなかった。

最近はほぼ週1のペースで浮かんでいる。よほど運が悪くないかぎり、何かしら釣れる。習慣で漫然と準備をし、あたりまえのように釣果を得るKF。そんな惰性の連鎖を一度断ち切りたくなったのかもしれない。

早起きの必要がないのでアラームをセットせずに寝たら9時に目が覚めた。浮かばないからといって、代わりに何をするわけでもない。ただでさえ日曜は雑用が多いのだ。

遅い朝食を済ますと掃除・洗濯が待っている。そのあとはサンエーとジャスコへ行って1週間分の食料を調達。最近は冷凍食品が占める割合がグンと増えた。

家に帰るともう3時ちかい。ベランダにイスを出して海を眺めながらコーヒーを啜る。

連休に来沖した友人を那覇へ送ったときに駐車場でレンタカーと接触し、修理代を保険で払うことにしたけれど、あれで本当にトクだったのか。愛車のパジェロミニは次の車検まで持たないかも。来年、ジムニーがフルモデルチェンジしたら新車で買っちゃおうか。月曜からデカい仕事が始まる。ゴールデンウィークに風邪が加わって2週間以上休んだから、明日起きて頭が回るか心配だ。

とりとめのない想念が脳裏に浮かんでは消えていく。結論は何もでない。仕事の準備をするつもりだったが、結局それもしなかった。

S130307w6_01
浮かばない休日、カヤッカーにとってそれは浮かばれない休日

| | コメント (3)

2013年5月 4日 (土)

KF in GW 2013

今年もゴールデンウィークの季節が巡ってきた。タマンも釣れだし、暑くも寒くもないこの時期はカヤックフィッシングにうってつけ。

とはいえ課題もある。それはヒトが多いこと。ビーチ・パーティを楽しむ人たちで海辺は賑わい、時間が遅いとクルマを停めるスペースがなかったりする。海上にはジェットスキーが行きかい、カヤックを出すことに気後れを覚えることもある。

混雑を避けて、連休合間の平日に出漁することにした。この日は午前中のみの短時間勝負。

鯛ラバの投入を数回繰り返したところでアタリ。竿先が一気に海中へ。重量感はあるがタマンのような突っ込みはない。浮いてきたのは真っ赤な魚だった。

Simgp5084ee
アザハタ 45cm。お初のサカナなのですこし嬉しい

その後、アタリが途絶えたので鯛ラバからテンヤ用のワームに切り換える。風が強くなり、海面が波立ちはじめた。タイムリミットの正午が近づいている。

と、待望のアタリ。が、ラインブレイクであえなく捕り逃がす。ほどなくまたアタリ。今度も痛恨のラインブレイク。1回目はリーダーとテンヤの結び目で、2回目はリーダーとPEラインの結び目で切られていた。

リールのドラグを強く締めすぎていたらしい。思わぬ調整ミスで後味の悪い幕切れを迎えるハメに・・・。

その4日後の土曜日、ドラグを入念に調整してリベンジ・マッチに臨むことにした。今回は午後から夕方までの短時間勝負。

鯛ラバとワームのいずれにもアタリがない。時間だけがむなしく過ぎていく。満潮のピークを過ぎて下げ潮へ。午後6時。残された時間はせいぜい30分。今日はもうダメかも・・・。

弱気になって鯛ラバを巻き上げているとカツカツ...ガシッという鯛ラバ特有のアタリ。ドラグが鳴ってラインが一気に放出される。数回のパワフルな突っ込みをかわす。浮いてきたのはお待ちかねの黄色いサカナだった。

S130504w6_03e
タマン 60㎝

数こそ振るわなかったが、念願のタマンが釣れて気分は晴れ晴れ。写真を撮ってリリースすると、思いっきり水を跳ね返して海へ還っていった。

| | コメント (2)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »