« OHからの帰還 | トップページ | 浮かばない休日 »

2013年5月 4日 (土)

KF in GW 2013

今年もゴールデンウィークの季節が巡ってきた。タマンも釣れだし、暑くも寒くもないこの時期はカヤックフィッシングにうってつけ。

とはいえ課題もある。それはヒトが多いこと。ビーチ・パーティを楽しむ人たちで海辺は賑わい、時間が遅いとクルマを停めるスペースがなかったりする。海上にはジェットスキーが行きかい、カヤックを出すことに気後れを覚えることもある。

混雑を避けて、連休合間の平日に出漁することにした。この日は午前中のみの短時間勝負。

鯛ラバの投入を数回繰り返したところでアタリ。竿先が一気に海中へ。重量感はあるがタマンのような突っ込みはない。浮いてきたのは真っ赤な魚だった。

Simgp5084ee
アザハタ 45cm。お初のサカナなのですこし嬉しい

その後、アタリが途絶えたので鯛ラバからテンヤ用のワームに切り換える。風が強くなり、海面が波立ちはじめた。タイムリミットの正午が近づいている。

と、待望のアタリ。が、ラインブレイクであえなく捕り逃がす。ほどなくまたアタリ。今度も痛恨のラインブレイク。1回目はリーダーとテンヤの結び目で、2回目はリーダーとPEラインの結び目で切られていた。

リールのドラグを強く締めすぎていたらしい。思わぬ調整ミスで後味の悪い幕切れを迎えるハメに・・・。

その4日後の土曜日、ドラグを入念に調整してリベンジ・マッチに臨むことにした。今回は午後から夕方までの短時間勝負。

鯛ラバとワームのいずれにもアタリがない。時間だけがむなしく過ぎていく。満潮のピークを過ぎて下げ潮へ。午後6時。残された時間はせいぜい30分。今日はもうダメかも・・・。

弱気になって鯛ラバを巻き上げているとカツカツ...ガシッという鯛ラバ特有のアタリ。ドラグが鳴ってラインが一気に放出される。数回のパワフルな突っ込みをかわす。浮いてきたのはお待ちかねの黄色いサカナだった。

S130504w6_03e
タマン 60㎝

数こそ振るわなかったが、念願のタマンが釣れて気分は晴れ晴れ。写真を撮ってリリースすると、思いっきり水を跳ね返して海へ還っていった。

|

« OHからの帰還 | トップページ | 浮かばない休日 »

コメント

タイラバで魚を釣った事がない僕としては不思議な感じです。
コツはありますか?

投稿: ジンべー | 2013年5月 6日 (月) 19時03分

着底後、ゆっくりリールを巻く。それだけです。

投稿: tokajar | 2013年5月 7日 (火) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« OHからの帰還 | トップページ | 浮かばない休日 »