« 百均トワイス | トップページ | 今日よりマシな明日 »

2013年6月28日 (金)

静浮風読

今日も名護湾には白波が立っている。梅雨が明けてカーチベー(夏至南風)のシーズンがやってきた。仕事は切れても風が止まないのでカヤックは出せない。そんな日は家で本を読む。

すべての窓を全開にして風通しのよい場所にリクライニングチェアを置く。前方には青い名護湾が広がっている。カヤックの天敵である憎いカーチベーが心地よい読書環境を生んでいた。

目の前に広げたのは「沖縄短編小説集2」。琉球新報短編小説賞の受賞作品をまとめたものだ。テーマはさまざまだが、基地や戦争体験、島の慣習など沖縄の地域に根ざしたものが多い。

気候や自然に憧れて移住した名護での暮らしも7年目を迎え、自分が住んでいる土地の文化や歴史にも関心が芽生えてきたらしい。その入門編としてこの作品集はうってつけに思えた。

とはいえ、そこは小説。フィクションの世界に浸るのもまた楽しい。活字を目で追いながら、小説を読むことへの関心が再燃するのを感じていた。

本をテーブルに置いて前方の海へ目を向ける。昔、中国の海南島で会った日本人のことが脳裏に浮かんだ。50代前半の独身男性。大阪出身だったと思う。味にうるさく、この食材は××のタレで食べるのが一番みたいな話をよくしていた。釣りやゴルフ、ビリヤードなど過去の趣味遍歴も多彩だった。一度始めるとのめりこむタチらしい。

それで、今は何に凝っているんですか? そのおじさんが最後に行き着いた趣味は何なのか興味を覚えて質問した。しばし逡巡したのち、照れくさそうな笑みを浮かべて彼は言った。読書かな。

拍子抜けしたその答えも、同世代になった今では琴線に触れるものを感じる。AmazonのKindle Paperwhiteがまた無性に欲しくなってきた。

Sdsc_0296
ウィンドサーフィンも楽しいかも・・・

|

« 百均トワイス | トップページ | 今日よりマシな明日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 百均トワイス | トップページ | 今日よりマシな明日 »