« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月27日 (土)

今日はTHINKの日

夏バテ気味なのか、頭が重く労働意欲が湧かない。仕事も一区切りついたのでプチ夏休みをとることにした。

風が強いので自宅で読書。買ったきり手付かずだった本を2、3冊、リクライニングチェアの傍らに置く。吹き寄せる風が心地よい。

読書三昧のはずが、集中力が途切れて進まない。そのうち眠くなってきた。こうしてまた1日が無駄に暮れていくのだろう。まったく頭を働かせることなしに・・・。

頭の中で「考えろ!」と呼びかける声がする。コンピューター業界の巨人、IBMのモットーは「THINK(考えよ)」だった。「知識は思考の結果であり、思考はビジネスでの成功の基礎を成す」という。

考えることはいろいろあった。たとえば、緩慢なベルトコンベヤーに乗って流されていく日々を再構築すること。朝早く起きて、冷凍食品やレトルトに依存しない生活にシフトするとか、ウォーキングを毎日の日課にするとか。

毎日の生活が健康の基盤であることは疑いない。でも、本当に考えるべきことはその先にある気がした。そのひとつが仕事。

今やっている仕事は生活の糧としての性格が強い。この「ライスワーク」に代わるライフワークへの転換。本業に代わる収入源としてはあまり期待できそうもないが、自分が好きなことを収入に結びつける道を模索していきたい。

その一環として、「Kindleセルフパブリッシング入門」という本をamazonでポチった。ベストセラー作家を目指す気はサラサラないけれど、自分が好きなことをカタチにして、幾ばくかの収入が得られたら楽しいだろう。

一定の商品価値が見込め、かつ自分が興味を持てる対象は何か。電子出版のコンテンツについて思いを巡らしていると、脳内に重く垂れ込めていた霧がすこしずつ晴れていくような気がした。

Ssouthamerica95_034eeee

| | コメント (0)

2013年7月18日 (木)

浪人疾走

1カ月半ぶりのカヤックフィッシング。予報では南寄りの風4メートル。出漁場所でしばし迷う。釣果に勝る向かい風ポイントか、釣果に劣る風裏ポイントか。

結局、実績のあるいつものポイントへ。向かい風のなかシブキを浴びてカヤックを漕ぐのもまたキモチイイ。

水深30mほどのポイントで鯛ラバを投入する。7月なのでタマンの活性は高いハズ。アタリに即応できるように集中する。

予想に反してアタリはない。鯛ラバをあれこれ変えてもダメ。風が強くてカヤックが流される。涼しいんだけど釣りづらい。

風に向かって漕ぎ戻るのがシンドクなってきた。岸と並行してカヤックは流されていく。

以前、良型のタマンを何匹か釣ったポイントに差しかかった。と、待望のアタリ。それもフォールで食ってきた。これはすぐにバレてしまったが、ほどなくまたフォールでアタリ。

ドラグが鳴り、ラインが一気に引き出される。良型のガーラっぽい。数日前に新しいPEラインに交換していて幸いだった。ほどなくラインの放出が止まる。あとは時間をかけてリールを巻くだけ。炎天下の肉体労働が待っていた。

S130718w6_03e
ガーラ(ロウニンアジ)

いつものように写真を撮ってリリースする。が、海面に浮かんだまま自力で戻ることができない。しばらく様子を窺う。ヒレをバタバタさせて必死に海へ戻ろうともがく姿を見ていると、なんだか自分が残酷な人間に思えてきた。

これは無理だと判断し、回収して持ち帰ることにした。クーラーボックスがないので本日の釣りはこれにて終了。1カ月半ぶりのKFにしてはもの足りない幕切れだった。

その夜はガーラを居酒屋に持ち込み、バーの飲み仲間を招いてささやかな宴会を催した。刺身のほか唐揚げや煮付けなど、料理のバリエーションを楽しめるのが居酒屋のよいところ。釣った魚のリリース、自宅での刺身パーティに第3の選択肢が加わった。

S130718gr_01e
撮り忘れに気づいたときには刺身を半分食べ終えていた。

| | コメント (0)

2013年7月16日 (火)

今日よりマシな明日

鼻の具合が最近よくない。朝起きると片方の鼻が詰まり気味だったりする。鼻水が喉に落ちる後鼻漏も起きて気分が悪い。

困るのは原因がはっきりしないこと。黄砂や花粉の季節ではないし、風通しのよいフローリングの部屋だからダニも湧きそうにない。

一番疑わしいのはエアコンだった。エアコンの使用と時を同じくして鼻の不調が始まった気がする。「エアコン 鼻炎 カビ」をキーワードにしてネットで検索すると、同じような症例がいくつもヒットした。

とはいえ、素人診断は危険なので近所の耳鼻科へ行く。レントゲンでは膿は認められないので蓄膿症ではないらしい。やはりアレルギー性鼻炎か。長年にわたってスギ花粉に曝されてきたので鼻の粘膜が過敏になっているのかも。

処方された薬で症状は改善した。が、1週間経って薬がきれるとまた以前の状態に・・・。クスリには頼りたくなかったので別途方策を考えることにした。

まずエアコンから。ダニや花粉を吸着し、空気清浄効果もあるという別売の「マルチクリーンフィルター」をヨドバシ・ドット・コムで購入する。初めて利用する通販サイトだが、沖縄でも送料無料なのは嬉しい。

つづいて、鼻炎にも効果があるという「超音波温熱吸入器」(A&D)をAmazonで購入する。使い始めてまだ5日ほどだが、後鼻漏が改善されるなど一定の効果は現れている。このまま使い続ければ、アイラ・モルトの芳醇な香りをさらに楽しめるようになるかもしれない。

フィルターと吸入器で約1万円の出費を余儀なくされた。それでも、問題解決に向けてアクションを起こしたことにささやかな満足感を覚えた。明日は今日よりもマシであってほしいから。

S130428w6_04ee

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »