« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月17日 (土)

沈黙の夏

1カ月ぶりのカヤックフィッシング。予報では昼から風が強くなり、午後には雷雨のおそれもあるという。雷が怖いので午前中に勝負をかけることにした。

前日は飲みに行くのを控えて朝の4時半に起床。まだ暗いうちに家をでる。明るくなった頃に出艇場所へ。6時半過ぎには釣りを始めていた。ここまではパーフェクトの展開。

ほどなく鯛ラバにアタリ。小気味よい引きを楽しんでいると、途中でバレてしまった。その後はアタリがまったくない。鯛ラバやポイントをいろいろ変えてみたがダメ。

潮止まりの直前と満潮への上げっぱなが狙い目だと読んでいた。干潮は10 AM。時計を見るとすでに11時ちかい。時合いは逃したらしい。風もかなり強くなってきた。

これ以上ねばっても釣れる気がしないので引きあげることにした。かくて、1カ月ぶりのカヤックフィッシングは丸ボーズという不本意な結果に・・・。

以前であればサカナの顔を拝むまでは・・・としつこくねばり続けていた気がする。タマンの夏を迎えているのに、今年は釣行回数が例年になく少ない。

憧れだったカンパチやロウニンアジなどの大物をゲットし、ずっと上昇傾向にあったKF熱も踊り場に差し掛かっているのか。それとも、猛暑による一時的な意欲の衰退にすぎないのか。

エモノが登場しない釣行記は書いても張り合いがないので記事にはしないつもりだった。とはいえ、他人の釣りブログを読んで読後感がサワヤカなのは何も釣れない釣行紀。

アマチュアは自分が書きたいものを書き、プロは人が読みたいものを書くという。将来のKindleセルフ・パブリッシングへ向けてそろそろ意識の転換をはかるときかも。

S130817w6_01e
早起きして浮かんだ82回目のカヤックフィッシング

| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

ハーリー&バーベキュー

名護へ移り住んでもうすぐ7年。さくら祭りと夏祭りは何度か行ったけれど、名護漁港で行われる夏のハーリー大会はまだ見たことがなかった。

この夏、ついにその機会が訪れた。見物人ではなく漕ぎ手の一員として。行きつけのバーでハーリーのチームを作り、常連客の一人としてメンバーに加えてもらったのだ。

予定されていた練習がキャンセルになり、ぶっつけ本番で大会に臨む。朝の8時半頃に集合場所へ。レース開始は9時10分のはずだった。9時になってもメンバーは全員そろわない。

チームの名前が呼ばれ、ハーリー乗り場に来るようにアナウンスされる。そこでメンバー全員が集合。ハーリーに乗る前からスリリングな展開だった。

ハーリーは終わってみればアッという間だった。それでも、3組中2位と初体験にしては健闘した。皆で力を合わせて舟を漕ぐ体験は初めてだったので、一体感を味わえて楽しかった。

S130804w6_06e
写真のハーリーは別のチーム

午後から海辺の公園に場所を移してバーベキュー。これも初めての体験。夏の昼下がり、海辺で飲むオリオンは格別な味がする。汗をかくせいか、大量に飲んでもそれほど酔いはまわらない。夕方、ほろ酔い気分で浴びる潮風が心地よかった。

S130804w6_14e

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »