« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月22日 (日)

5年ぶりのデジイチ更新

カメラ選びに行き詰まってしまった。バリアングル液晶が付いたミドルクラスのデジイチであるCanon EOS 70Dを第一候補に考えていたのだが、最近になってフルサイズにも関心が湧いてきた。Nikon D610とかCanon EOS 6Dとか。Nikon Dfのシルバー・モデルは昔の銀塩カメラを彷彿させてカッコイイし(値段もゴージャスだけど)。

あれこれ目移りして焦点が定まらないので、自分が求めているものをざっくり整理してみた。結果は以下のとおり。思いのほかシンプルだ

・バリアングル
・高感度
・フルサイズ

バリアングルが付いていればこれまで難しかったアングルで撮影できるようになり、表現の幅が広がる気がする。高感度に強いと被写体ブレが減り、シャッターチャンスが広がる。フルサイズは35㎜への回帰志向。APS-Cの画角に慣れた今では、未知の世界への憧憬とも言えるのだが。

上記の3要素のうち、今のところ自分のなかではフルサイズとバリアングルは結びつかない(バリアン付きのソニーのフルサイズ機もあるけれど、デザインがちょっと)。遠からずフルサイズへ移行することも視野に入れつつ、とりあえずバリアングル付きで高感度特性に優れたAPS-Cのデジイチを買うことにした。

となると、やはりCanon 70Dと思ったのだが、近い将来、フルサイズへ移行するならAPS-C機にカネをかけるのはもったいない気がしてきた。バリアンが付いて今持っているNikon D40よりも高感度に優れた機種であれば、安いモデルでいいし、最新機種でなくてもかまわない。結局、最後に行き着いたのはソコ。

そこで、某オークションでNikon D5100レンズキットの「訳あり新品」を購入する。キットレンズはNIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR。このレンズ、重くてズームがビローンと伸びる18-200mmの後釜に欲しいと前から思っていた。

S131222gr_02e

21世紀の森公園へ試写にいく。ボディのサイズと重量はD40とほぼ同じ。大きく変わったのは液晶部分。バリアングル化され、サイズが大きくなり、とても綺麗だ。センサーの画素数もD40の610万画素から1620万画素へ大幅に増えた。

S131222d51_01e
S131222d51_02e
S131222d51_05e

18-105mmはちょうどよい画角で使いやすい。18-55mmと比べると重いけれど、十分に許容範囲だ。D5100ではフォーカスポイントがD40の3点から11点に増えたのも嬉しい。

保証書なしの訳あり新品だったので、正常に動作してホッとした。高感度とバリアングルについては今後のお楽しみ。

S131222d51_07e
憧れのバリアンで撮った説得力に乏しい1枚

| | コメント (0)

2013年12月16日 (月)

横浜デジカメ散歩

11月下旬に東京の実家へ帰省した。飛行機はいつものスカイマークではなく、LCCのジェットスター。空港が成田になるのは少し不便だけど、料金を考えれば許容範囲か。狭いと言われるシートの間隔も気にならなかった。

飲んだくれているうちに、東京での1週間はアッという間に過ぎていった。沖縄に帰る前日、GR DIGITALを携えて横浜を再訪した。名護へ移るまで6年間住んでいた想い出の街。

みなとみらい駅で降り、地上にでると美術館の広場だった。臨港パークへと向かい、そのまま海に沿って山下公園まで歩く。スカッと晴れて気持ちがいい。

Sr0011212e
Sr0011247e_2
Sr0011272e
Sr0011339e
Sr0011360e
Sr0011362e
Sr0011397e
Sr0011315e

見慣れた景色ではあるけれど、7年間で横浜は結構変わっていた。以前は無かった大きなビルが建っていたり、新しい公園ができていたり。それでも、横浜を散歩する楽しさは昔と変わらない。海に面した広々とした空間が晴れ晴れとした気分にさせてくれる。

横浜に来たら夜景を見ずに帰るわけにはいかない。最初はブレ写真の連発だったが、手すりにカメラを固定させる方法でなんとかサマになってきた。

Sr0011449e
Sr0011477e
Sr0011493e

やはり横浜はいい。内地に戻ることがあればまた横浜に住みたいと思う。今のところ、その予定はまったくないけれど。

Sr0011290

| | コメント (4)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »