« クバの御嶽 | トップページ | 名護岳山麓へ »

2014年1月24日 (金)

初カヤック 2014

最後にカヤックに乗ったのは昨年の9月上旬。もう4カ月も海に出ていない。予報では風が弱そうだったので、超久しぶりにカヤックを出すことにした。

重い腰を上げたのにはワケがある。今の時期はカンパチが浅い海域に回遊してくるのでカヤックで狙うチャンスなのだ。去年、カンパチを釣ったのが1月26日。ほとんど重なるカレンダーの日付におのずと期待が膨らんでいく。

12時過ぎに出艇。沖へ漕ぎ進むにつれて開放感に包まれていく。ああ、還ってきたという感じ。

前回同様にテンヤ主体で攻めることにした。大きめのエビで釣りを開始する。20分ほど経過し、聞き合わせをするとズシリとした感触。ドラグが鳴ってラインが引き出される。

強い引きは良型のタマンを思わせた。とはいえ、これまで1月にタマンを釣ったことはない。浮上した魚を見るまでは半信半疑だった。

Simgp0005e
Simgp0007e
タマン。51cm

今日は期待が持てそうだ。風を受けてカヤックは沖へゆっくり流されていく。カンパチが狙えるエリアに差し掛かっていた。

テンヤに代えて、初めて使うインチクを投入する。鯛ラバよりも速めに巻き上げているとガツンときた。重厚でトルクのある引き。先ほどのタマンよりもデカそう。

何度も突っ込まれ、そのたびにラインが放出される。時間をかけて慎重にやりとりする。ついに魚体が浮いてきた。白く輝いている。

Simgp0012e
サザナミダイ(アマクチャー)。60cm

カンパチではないけれど、文句なしのエモノだった。タマンはリリースしたけれど、サザナミダイはキープ。だって美味しいんだもん。

Simgp0013e
クーラーボックスがないのでストリンガーを使う

残るはカンパチだけ。時間はたっぷりある。ほどなくインチクにアタリ。重量感はあるがあまり引かない。上がってきたのは巨大なセンニンフグ。右肩上がりのテンションにブレーキがかかる。

タコベイトが食いちぎられていたのでテンヤに切り替える。ほどなくアタリ。ドラグを鳴らす小気味よい引きで期待を持たせたが、姿を見せたのは巨大なエソ。これで一気にテンションが下がった。風も強くなったので引き上げることに・・・。

夜、持ち帰ったサザナミダイを居酒屋で料理してもらった。飲み仲間を招いて日本酒を注文する。その純白の身は上品でほんのりと甘い。シルイユーの仲間では一番旨いと言われているだけあって、極上の味わいだった。

Sr0011537e
Sr0011548e
日本酒のせいで少しブレ気味

|

« クバの御嶽 | トップページ | 名護岳山麓へ »

コメント

カヤック記事待ってました(^_^)
シルイユー系は食べたことがないので
自分も釣りたいですね。
カヤックでストリンガーはサメが寄ってきて危ないみたいですよ。

自分も明日カヤックでカンパチ探してきます。

投稿: chikou | 2014年1月28日 (火) 12時34分

サザナミダイは釣趣、味覚ともにトップクラスの魚だと思います。特に今回は居酒屋で日本酒を飲みながら食べたせいか最高の味でした。サメの件は脳裏をかすめたのですが、湾内だから大丈夫だろうと思いました。でも、やっぱりアブナイですよね (^_^; カンパチ、釣れるといいですね。

投稿: tokajar | 2014年1月28日 (火) 14時55分

はじめまして、福岡在住のリタイア者です。
一月に還暦となり、4,5月に名護市に移住したいと物件を物色中です。
21世紀の森ビーチを中心に、昔やってたセーリング(シーホッパー、というディンギーに乗ってました)。
か、カヤックをやりたいとおもってます。

貴兄の記事から、21世紀の森ビーチから漕ぎ出してらっしゃいますが、ビーチは特段制限事項等はないのでしょうか?

趣味的には同じ方向みたいなので、名護市での生活について
何か面白い情報がありましたら、ご教授くださいませ。

よろしくお願いします。

投稿: はてな | 2014年1月31日 (金) 13時03分

はじめまして。コメント、ありがとうございます。今では21のビーチからカヤックを出すことはほとんどなくなりましたが、カヤックの使用については特に制限はないと思います。沖縄で最近人気を呼んでいるマリンスポーツに、ボードに立ってパドルを漕ぐスタンドアップパドルボード(SUP)があります。私は未体験ですが、見ていると楽しそうですよ。希望する物件が見つかるといいですね (^_^)

投稿: tokajar | 2014年1月31日 (金) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クバの御嶽 | トップページ | 名護岳山麓へ »