« 名護岳山麓へ | トップページ | GRで名護寸描 »

2014年2月 7日 (金)

太陽を求めて

2月の沖縄は日照時間が少ない。どんよりした曇り空では写真を撮ってもパッとしないのでNikon D5100 + 18-105mmズームの出番も少なくなる。日差しが注げばシャッターチャンス。カメラを持って外へでる。目指すのは21世紀の森公園。自宅から近く、海に面しているので被写体には事欠かない。

最初に向かったのは花畑。パンジーがカラフルに咲き誇っている。前日の強い雨に打たれたのか、花びらがしおれ気味なのが残念だった。

S140207d51_04e

公園内の遊歩道に沿ってオオバナソシンカがピンクの花を咲かせている。池の傍らの小さな太鼓橋にはいつもの猫がいた。海辺に出ると、青く広がる名護湾の先に恩納村の低い山並みが伸びている。

S140207d51_09e
S140207d51_11e
S140207d51_13e_2

ここへ来るたびに海辺の公園はいいなぁと思う。潮の香りを嗅いで潮騒の音を聞く。それだけで気持ちがのびやかに解放される。

沖縄へ来る前に住んでいた横浜でも、一番のお気に入りスポットは海に臨む公園だった。名護でアパートを探したときに海辺の公園を選定基準にしたのは正解だったかも。

S140207d51_14

|

« 名護岳山麓へ | トップページ | GRで名護寸描 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名護岳山麓へ | トップページ | GRで名護寸描 »