« 充電ドライブ | トップページ | 脇腹の爆弾 »

2014年4月27日 (日)

漢那ヨリアゲの森緑地公園

「充電ドライブ」で走った234号のユルい景色に魅せられて、Nikon D5100 + 18-105mmズームを携えて再訪した。

絵になりそうな場所で車を停めて写真を撮るつもりだった。ところが、実際に走ってみるとビビッとくる光景に出会わない。結局、前回と同様にまったりとドライブを楽しんだだけで終わってしまった。

ロードマップを広げて新たな被写体を探す。近くに漢那ヨリアゲの森緑地公園がある。初めて聞く名前だった。試しに覗いてみることに・・・。

329号脇の駐車場にクルマを停める。丘の斜面に木々が鬱蒼と茂り、その下を小川が流れている。川沿いに進むとさらに駐車場があり、公園の案内図が立っていた。園内には遊歩道が張り巡らされている。これなら自然散策を楽しめそうだ。近くの水場から散策を始める。

S140427d51_02e
S140427d51_04
S140427d51_16e
S140427d51_20e
風葬墓

多様な植物が生い茂り、これぞ亜熱帯の森という感じ。ただ、草に半分埋もれた遊歩道は蜘蛛の巣だらけで歩きにくい。結局、案内図にある周遊コースを歩き通すことはできなかった。

それでも、随所で見目麗しい木々に遭遇。巨木フェチの血がザワザワと騒ぎだす。

S140427d51_06
S140427d51_13e
S140427d51_08e

蜘蛛の巣を掻き分けて進んだ森の奥は、花と生き物のパラダイスだった。

S140427d51_09e
クチナシ
S140427d51_11e
キノボリトカゲ

帰宅してから、水場付近にあったガジュマルの大木を撮り忘れたことに気づいた。それでも、宜野座村は名護から近い。今までほとんどノーチェックだったこのエリア。未知なる被写体を求めて今後は足を向ける機会が増えそうだ。

S140427d51_25

|

« 充電ドライブ | トップページ | 脇腹の爆弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 充電ドライブ | トップページ | 脇腹の爆弾 »