« 未知なるファイター | トップページ | 充電ドライブ »

2014年4月11日 (金)

春のテンヤ

久しぶりに体験した青物のパワフルな引きがカヤックアングラーのハートに火をつけたらしい。1週間後にはまた海に浮かんでいた。

インチク一本勝負だった前回とは異なり、今回はエビ・テンヤの「保険」も用意した。海に浮かぶシアワセに加えてきっちり結果も残したい。タマンの顔も拝みたい。

夕方5時過ぎが満潮だった。そのあとの下げっぱながチャンスかも。日没まで粘るつもりだった。

テンヤで釣りを開始。風が弱いので5号のテンヤを使う。穏やかに晴れてコンディションは最高だけどアタリはない。鯛ラバも試すが反応はない。上げ潮で食いが渋いのはいつものことだが。

竿を大きくシャクってテンヤをフォールさせているとアタリ。ドラグを鳴らしてラインを引きだす強い引きだった。重量感はあまりないので40センチ級のタマンかも。予想に反し、浮上してきた魚は銀色に輝いていた。

S140411w6_02e
ガーラ 50cm

ガーラは過去に何度か釣ったことがある。最初にパワー全開で沖に向かって突っ走る。それがお決まりのパターンだった。走りが止まれば、あとはひたすらリールを巻くだけ。重いだけで抵抗も少ない。釣趣に乏しい魚というイメージだった。

だが、このガーラはタマンのようにシャープな引き。顔の形からロウニンではなさそうだけど、ひとくちにガーラと言ってもさまざまなタイプがいるらしい。

続いて釣れたのは、赤い錦鯉のようなオジサンだった。

S140411w6_03e
オジサン 30cm

これでボーズは免れた。少し沖へでてインチクで青物をねらう。

5時をまわり、下げ潮に変わった。が、アタリはない。日没まで釣りを続けたが、大物との遭遇は適わなかった。

|

« 未知なるファイター | トップページ | 充電ドライブ »

コメント

カヤック熱が再燃してもらえて
ありがたいです(^^)
自分はこのブログみてから
鯛ラバを使うようになりましたよ。

投稿: chikou | 2014年4月13日 (日) 09時17分

KF熱は再燃したものの、諸般の事情でしばらくは出漁できないかもしれません (>_<) 鯛ラバは気に入っていた製品が終売になってしまい、残念です。テンヤもありますが、これからの季節はエビが臭うので (^_^;

投稿: tokajar | 2014年4月14日 (月) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 未知なるファイター | トップページ | 充電ドライブ »