« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

梅雨の合間に

梅雨たけなわの沖縄だが、連日雨が降るわけではない。比較的風が弱い日が多く、それほど暑くもないのでカヤックフィッシングには好シーズンかも。

久しぶりに早起きする。朝の7時半が満潮で午後2時過ぎが干潮。この下げの時間帯をフルに狙うつもりだった。

7時半過ぎに出艇。風はほとんどなく、海は穏やかに凪いでいる。予報では風は終日弱いとか。波がないとスムーズに漕げるのでポイントの移動がラク。

なじみの薄いエリアに遠征し、広範囲に探ってみることにした。実績のある鯛ラバの投入を数回繰り返したあとで初めて使う鯛ラバにチェンジ。リールをゆっくり巻いていると竿先が締めこまれた。

タマンほどパワフルではないが、そこそこ重量感のある引き。頭を振って抵抗しているのか、竿先がツン、ツンと引き込まれる。浮上してきたのは初めて見るサカナだった。

S140530w6_02
コロダイ、60cm

幸先の良いスタート。まだ8時半なので今日はたっぷり楽しめそうだ。

期待は裏切られることなく、そのあと30cmほどのクチナジと50㎝オーバーのタマンが釣れる。どちらもタモに取り込んでフックを外したあとに逃げられてしまった。なので写真はナシ。

少し沖へ出てインチクで攻める。ほどなくアタリ。引きは強いものの、姿を見せたのは小ぶりのサザナミダイだった。

S140530w6_03
サザナミダイ、35cm

そろそろ干潮の時刻が近づいていた。大物がヒットする確立が高いアドレナリン全開ドラマの時間帯・・・。

投入した鯛ラバが着底しない。ラインの放出が止まらないのだ。聞きアワセをくれるとガツンときた。フォールで食っていたらしい。

よく走るサカナだった。ラインが引きだされ、それを回収するとまた引きだされる。そんなやりとりを何度か繰り返しているうちに、ゆるやかに旋回する白い魚体が見えてきた。

S140530w6_06e
ホシカイワリ、58cm

これで五目達成。早起きの効果は絶大だった。満潮から干潮までの下げの時間帯をフルに狙えばおのずとチャンスも増えてくる。

沖縄の海よりも東京湾のほうが魚影は濃い――岸に向かってカヤックを漕ぎながら、数日前にバーのマスターに話したことを思いだしていた。どうやら思い違いだったらしい。早起きしてガッツリ狙えば、沖縄の美ら海は豊饒の海。

その報告を兼ねて今宵もバーへ。

| | コメント (2)

2014年5月 3日 (土)

コバンザメを釣る

春の連休シーズンに突入。2014年もすでに3分の1が過ぎてしまった。きっと残りの3分の2もあっという間だろう。

そんなことを考えながら、カヤックで出漁する準備にとりかかる。そろそろタマンの顔を拝みたい。5月なので活性も上がっているだろう。

午前9時が満潮だった。下げっぱなを狙いたかったのだが、ぐずぐずしているうちにチャンスを逃してしまった。

そのツケを1日ひきずることになる。穏やかに晴れてコンディションは上々でもアタリはない。鯛ラバからテンヤに切り替えてみた。が、こちらも渋い。反応がないので巻き上げるとエビがそのまま現れる。

鯛ラバに切り替えると待望のアタリ。重量感はないが小気味よい引き。感触を楽しみながらゆっくりリールを巻いているとバレてしまった。

それからまた長い沈黙。鯛ラバをインチクに変えて沖目を狙ってみたがダメ。岸寄りのポイントに戻り、テンヤを投入すると着底前にアタリ。そこそこ引くが、ドラグを鳴らすほどではない。

海中を覗くと見慣れぬ魚が体をくねらせている。最初はスギだと思った。タモに取り込んで頭の吸盤を見るまでは・・・。

S140503w6_03e
S140503w6_05e
コバンザメ(約60cm)。どことなくペンギンを思わせる

間近で見るコバンザメの第一印象はキモいサカナ。吸盤の横ジワがたまらなくキモい。海のエイリアンという感じ。

気を取り直して本命のタマンをねらう。しかし、コバンザメの出現で戦意を削がれてしまった。今日はもういいやって感じ。

陽はまだ高いけど早々に帰途につく。岸に向かってカヤックを漕ぎながら、船腹にコバンザメが張りついているような気がした。

| | コメント (2)

2014年5月 2日 (金)

猫と夕陽の散歩道

日が長くなり、ウォーキングと日没の時間が重なるようになった。刻一刻と変化する海と空が織りなす壮大なサンセット劇を眺めながら、潮騒をBGMに潮風を浴びて歩く。それだけで贅沢な気分に浸ることができる。

S140502w6_10e
S140502w6_18e

海辺を歩く楽しみは日没観賞にとどまらない。21世紀の森公園には猫がたくさんいるのだ。エリアごとに野良猫のグループが棲みついている。

最大のグループは公園の西側、国際交流会館に近いエリアをテリトリーにしている。でも、公園東側の小さな群れのほうが人懐っこい猫が多い。その代表格は、池のほとりで見かける白い猫。カメラを向けるとすり寄ってきて、青い眼でじっとこちらを見つめる。

S140502w6_03e
S140502w6_04e

この集団のすべてが人懐っこいわけではない。近づくと逃げていく猫もいる。警戒心が強いとか甘え上手とかそれぞれ個性があるのだろう。

この公園でとびきり美しいサンセットを見たことがある。まだ沖縄に移住する前、旅行で名護を訪れたときだった。沈みゆく夕陽に長い時間見とれていた。

横を見ると猫がいた。手を伸ばせば届く距離に体を横たえ、同じように夕陽を眺めている。その光景に感動を覚えた。そんなふうに野良猫が人間に寄り添うことができるなんて思いもよらなかったのだ。

池のほとりの青い眼の猫は、そのときの人懐っこい野良猫の遺伝子を引き継いでいるのかもしれない。そんな空想が頭を駆け巡った。

S140426w6_07e

| | コメント (2)

2014年5月 1日 (木)

脇腹の爆弾

胃腸の調子がよくない。「胃腸」と一括りにしたけれど、実際には胃と腸がそれぞれ悪い。先に悪化したのは胃のほうだった。

以前から胸やけの症状に悩まされていた。それでも、ずっと続くわけではないので放置していた。今年に入ってから症状が強くなり、頻度も高くなった。最近よく耳にする逆流性食道炎かもしれない。

腸のほうは3年半前の虫垂炎が原因だった。手術で腸が癒着したのか、その箇所が突っ張るように感じたりヒクヒク痙攣したり、ときどき違和感を覚えていた。

今年になってからそれが悪化し、腹痛+下痢に見舞われるようになった。食べたものが腸の癒着箇所で滞っているのかもしれない。

腸の癒着で怖いのは腸閉塞。入院して鼻から腸までチューブを入れることを想像しただけで、1~2日はまともな食事が喉を通らなくなる。

そんなことを数回繰り返すうちに5、6キロ痩せてしまった。メタボ腹でダイエットに励んだ結果なら嬉しいけれど、体重はもともと平均以下。これは何か対策を講じなければ・・・。

胃腸科のクリニックへ行き、逆流性食道炎の薬と腸管癒着症の漢方薬(大建中湯)を処方してもらう。大建中湯を飲み始めると、腸の症状が好転するのがわかった。対症療法にすぎないのだが、心強い助っ人の登場という感じ。

とはいえ、直視すべきは症状を引き起こしている直接原因だった。それは、自分のキャパを超えた飲酒。今年に入ってから酒量が増え、それに伴って腸の症状が悪化していた。

腸の癒着とは一生付き合っていくしかない。脇腹に爆弾を抱えているのだ。そう肝に銘じて節酒に励み、食事に配慮し、適度に運動して、規則正しい生活を送る。

そこで生まれたエネルギーと時間をクリエイティブな活動に振り向ける――身も凍るような腸閉塞への恐怖心は、閉塞した生活を戒める神の啓示なのかも。

S140426w6_20e

| | コメント (4)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »