« 猫と夕陽の散歩道 | トップページ | 梅雨の合間に »

2014年5月 3日 (土)

コバンザメを釣る

春の連休シーズンに突入。2014年もすでに3分の1が過ぎてしまった。きっと残りの3分の2もあっという間だろう。

そんなことを考えながら、カヤックで出漁する準備にとりかかる。そろそろタマンの顔を拝みたい。5月なので活性も上がっているだろう。

午前9時が満潮だった。下げっぱなを狙いたかったのだが、ぐずぐずしているうちにチャンスを逃してしまった。

そのツケを1日ひきずることになる。穏やかに晴れてコンディションは上々でもアタリはない。鯛ラバからテンヤに切り替えてみた。が、こちらも渋い。反応がないので巻き上げるとエビがそのまま現れる。

鯛ラバに切り替えると待望のアタリ。重量感はないが小気味よい引き。感触を楽しみながらゆっくりリールを巻いているとバレてしまった。

それからまた長い沈黙。鯛ラバをインチクに変えて沖目を狙ってみたがダメ。岸寄りのポイントに戻り、テンヤを投入すると着底前にアタリ。そこそこ引くが、ドラグを鳴らすほどではない。

海中を覗くと見慣れぬ魚が体をくねらせている。最初はスギだと思った。タモに取り込んで頭の吸盤を見るまでは・・・。

S140503w6_03e
S140503w6_05e
コバンザメ(約60cm)。どことなくペンギンを思わせる

間近で見るコバンザメの第一印象はキモいサカナ。吸盤の横ジワがたまらなくキモい。海のエイリアンという感じ。

気を取り直して本命のタマンをねらう。しかし、コバンザメの出現で戦意を削がれてしまった。今日はもういいやって感じ。

陽はまだ高いけど早々に帰途につく。岸に向かってカヤックを漕ぎながら、船腹にコバンザメが張りついているような気がした。

|

« 猫と夕陽の散歩道 | トップページ | 梅雨の合間に »

コメント

初めて本物のコバンザメを見ました。
「吸盤の横ジワ」気持ち悪い感触が伝わりました。
昆虫タガメ、カエルの卵と同様なキモチ悪さです。

それでも魚を釣り上げる醍醐味は羨ましいです。

(夕飯用に知念漁港の「トビイカ」を購入しました。)

投稿: アラマ | 2014年5月 6日 (火) 19時43分

外見はグロテスクですが、食べるとそこそこイケるとか。あの吸盤も漢方薬として高値で取り引きされるそうです (^_^;

投稿: tokajar | 2014年5月 7日 (水) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫と夕陽の散歩道 | トップページ | 梅雨の合間に »