« コバンザメを釣る | トップページ | 幸福の条件 »

2014年5月30日 (金)

梅雨の合間に

梅雨たけなわの沖縄だが、連日雨が降るわけではない。比較的風が弱い日が多く、それほど暑くもないのでカヤックフィッシングには好シーズンかも。

久しぶりに早起きする。朝の7時半が満潮で午後2時過ぎが干潮。この下げの時間帯をフルに狙うつもりだった。

7時半過ぎに出艇。風はほとんどなく、海は穏やかに凪いでいる。予報では風は終日弱いとか。波がないとスムーズに漕げるのでポイントの移動がラク。

なじみの薄いエリアに遠征し、広範囲に探ってみることにした。実績のある鯛ラバの投入を数回繰り返したあとで初めて使う鯛ラバにチェンジ。リールをゆっくり巻いていると竿先が締めこまれた。

タマンほどパワフルではないが、そこそこ重量感のある引き。頭を振って抵抗しているのか、竿先がツン、ツンと引き込まれる。浮上してきたのは初めて見るサカナだった。

S140530w6_02
コロダイ、60cm

幸先の良いスタート。まだ8時半なので今日はたっぷり楽しめそうだ。

期待は裏切られることなく、そのあと30cmほどのクチナジと50㎝オーバーのタマンが釣れる。どちらもタモに取り込んでフックを外したあとに逃げられてしまった。なので写真はナシ。

少し沖へ出てインチクで攻める。ほどなくアタリ。引きは強いものの、姿を見せたのは小ぶりのサザナミダイだった。

S140530w6_03
サザナミダイ、35cm

そろそろ干潮の時刻が近づいていた。大物がヒットする確立が高いアドレナリン全開ドラマの時間帯・・・。

投入した鯛ラバが着底しない。ラインの放出が止まらないのだ。聞きアワセをくれるとガツンときた。フォールで食っていたらしい。

よく走るサカナだった。ラインが引きだされ、それを回収するとまた引きだされる。そんなやりとりを何度か繰り返しているうちに、ゆるやかに旋回する白い魚体が見えてきた。

S140530w6_06e
ホシカイワリ、58cm

これで五目達成。早起きの効果は絶大だった。満潮から干潮までの下げの時間帯をフルに狙えばおのずとチャンスも増えてくる。

沖縄の海よりも東京湾のほうが魚影は濃い――岸に向かってカヤックを漕ぎながら、数日前にバーのマスターに話したことを思いだしていた。どうやら思い違いだったらしい。早起きしてガッツリ狙えば、沖縄の美ら海は豊饒の海。

その報告を兼ねて今宵もバーへ。

|

« コバンザメを釣る | トップページ | 幸福の条件 »

コメント

相変わらず沢山釣りますね(^_^)
ヤンバルですか?
できたら
PEとリーダーの号数教えて頂きたいですm(__)m

投稿: 知公 | 2014年6月 1日 (日) 17時28分

エリアは(広義の)やんばるです。PEは0.8、リーダーは16LB(4号)です。ライン/リーダーの接続とドラグの調整が万全ならこの組み合わせでも結構イケます。

投稿: tokajar | 2014年6月 1日 (日) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コバンザメを釣る | トップページ | 幸福の条件 »