« ヘルシー・サマー・ライフ | トップページ | 離れても好きな犬 »

2014年7月27日 (日)

昼下がりのモンスター

7月も下旬になり、風が収まってきたので久しぶりにカヤックを出す。台風で海底の様子も変わっているだろう。

午前中の下げ潮をねらう。40gの鯛ラバで釣りを開始。風は弱いが大潮なのでけっこう流される。

アタリはあるが食いが浅くてフッキングしない。魚の活性は高そうだった。暑さが気になり始めた頃にやっとヒット。涼味満点のドラグの響き。

S140727w6_02e
タマン

その後1時間半の沈黙を経てアタリがまた活発になる。30分ほどの間にバタバタと3匹ゲットする。

S140727w6_03e
シラジューマー(ヒトスジタマガシラ)
S140727w6_04e
オーマチ(アオチビキ)
S140727w6_05e
アマクチャー(サザナミダイ)

写真は撮りそこねたけどハンゴーミーバイもゲット。なので五目達成。腹八分目くらいの満足感だった。それからアタリがぱったりと途絶える。

風はそこそこあるけれど、晴れて暑い。1リットルのアクエリアスがぐんぐん減っていく。でも、まだ帰るわけにはいかない。午後1時半が干潮だった。潮止まり直前のドラマの時間帯が迫っている。

沖へ移動し、鯛ラバを60gのインチクに変える。カツオがヒットすることも想定して中層までリーリング。新鮮なタタキでビールを飲む情景が頭に浮かぶ。

最初は根掛かりだと思った。強く引いてもビクともしない。ドラグの鳴る音で魚だとわかった。とにかく重い。50メートル下の海底から漬け物石を引き上げる感覚。

石と違うのはときどき竿を締め込んでドラグを鳴らすこと。細仕掛けなので無理はできない。時間をかけて少しずつラインを巻き取っていく。

ラスト10メートルまで巻き上げたとき、以前にも同じ重さを味わったことを思いだした。もしかしてまたあいつ? ネットの柄をポッキリ折ったあの真っ赤なモンスター。

S140727w6_06e
怪魚イヌバー(イトヒキフエダイ)73cm

前回より3センチほどサイズアップ。美味しい魚だけど、大型の場合はシガテラ毒を持つ可能性があるという。パンパンになった腕をさすりながら泣く泣くリリース。

そのあと上げっぱなで食いが立ち、さらに2匹追釣する。

S140727w6_07e
アマクチャー(サザナミダイ)
S140727w6_09e
ナガジューミーバイ(バラハタ)

イヌバーに好かれているらしい。釣るのは今回で3度目。でも、あのサイズはもういいやって感じ。重労働を強いられた挙げ句、リリースを余儀なくされるのは辛い。シガテラ毒の知識がないときに食べた1匹目のイヌバーの旨さを想うとなおさらだった。

|

« ヘルシー・サマー・ライフ | トップページ | 離れても好きな犬 »

コメント

本当よく釣りますよねf^_^;
しかもご馳走ばかり...。
いつもドラグは締め気味にしてますか?

自分もトカジャーさんの言うとおり
細仕掛けにしてから調子良くなりましたよ。
ありがとうございます。

投稿: 知公 | 2014年7月29日 (火) 01時52分

この日は魚の活性が高かったようです。いつも大漁というわけではないです (^_^; ドラグは1kgに調整しています。自分の仕掛けにはちょうど良い感じです。

投稿: tokajar | 2014年7月29日 (火) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヘルシー・サマー・ライフ | トップページ | 離れても好きな犬 »