« まだまだ先のこと | トップページ | オータム・ブルー »

2014年9月 9日 (火)

幻のタマン

7月以降、月2回の出漁でそこそこの釣果に恵まれているこの夏のカヤックフィッシング。9月の初釣行となった今回も期待はおのずと膨らんでいく。

前回がアカジンだったので今回は密かに青物系を狙っていた。カツオやマグロのような食べ応えのある魚。夏なのでビールに合うサカナ。

朝7時半に出艇。ひとしきり漕いだところで休憩を兼ねて鯛ラバを投入。まだ潮が効いてないのかアタリはない。早々に見切りをつけて青物が待つ沖へ。

30gの鯛ラバを60gのインチクに変える。アタリはあるが乗らない。仕掛けを見るとタコベイトのフックが食いちぎられている。犯人はセンニンフグか。続いてフォールでアタるがバレてしまった。フックがポッキリ折れている。テンションが一気に下がった。

インチクを使い尽くしたので浅場へ戻り、鯛ラバでタマンをねらう。ほどなくヒット。ドラグを鳴らすパワフルな引き。海面近くまで抵抗を続ける。やはりタマンはおもしろい。そう思って海中を覗くと白い魚影が目に入った。

S140909w6_02e
ガーラ(オニヒラアジ)55cm

パワー全開の引きなのでてっきりタマンだと思っていた。やみくもに突っ走り、あとは重いだけというガーラのイメージがガラガラと崩れ落ちていく。あれだけ暴れたのにリリースすると元気いっぱいに泳いでいった。

ボーズは免れたものの、タマンの顔も拝みたい。鯛ラバで釣りを続けると再びヒット。が、ラインブレイクで逃げられてしまった。

引きの感触から良型のタマンっぽい。根に潜られたときにPEラインが岩に擦れたのだろう。繰り返されるこのパターン、何か対策を講じる必要がありそうだ。リーダーをもっと長くするとか・・・。

結局、タマンの顔は拝めなかった。ガーラの好ファイトは楽しめたけれど、やはり最後はタマンで締めくくりたかった。

|

« まだまだ先のこと | トップページ | オータム・ブルー »

コメント

ボウズってないんじゃないですか?(≧∇≦)
トカジャーさんはインチクは
ただ引きしてますか?ワンピッチですか?
いつも質問ばかりですみません^^;

投稿: 知公 | 2014年9月20日 (土) 07時14分

記事にしないだけでボーズのときもありますョ。インチクはただ引きです。アクションを加えたほうがいいのかもしれないけど、メンドイので・・・ (^_^;

投稿: tokajar | 2014年9月20日 (土) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだまだ先のこと | トップページ | オータム・ブルー »