« オータム・ブルー | トップページ | スズメバチ来襲 »

2014年9月29日 (月)

犬婆の呪い

9月下旬。かつてのフィールドだった東京湾では青物系の回遊が多くなり、手こぎボート釣りの最盛期を迎えていた。

が、ここ沖縄のマイ・カヤックフィッシング・フィールドでは秋の恩恵をほとんど感じない。丸々と太ったサバも釣れないし、パワフルな引きのイナダも回ってこない。

イマイチ張り合いがないのだが、海上を吹き渡る風は涼しくて心地よい。気がつくと釣り支度を始めていた。特に何をねらうというわけではないけれど。

今日も下げ潮の時間帯がターゲット。最近購入した50gの鯛ラバで釣りを開始する。風がよわく海は穏やか。潮もあまり流れていない。

アタリはあったが、針がかりが浅くてバレてしまった。そんなことを何度か繰り返しているうちに午前中は過ぎていく。

陸寄りの根が多いエリアに移動してタマンをねらう。ほどなく当たり。今度はガッチリとかかった。

ドラグを鳴らす力強い引き。最初はタマンだと思った。途中から何かヘンだと思う。パワフルな引きは影を潜め、重いだけの感触。もしかして・・・。

S140929w6_02
イトヒキフエダイ(イヌバー)50cm

シガテラのことは心配しなくてもよさそうなサイズだった。それでもリリース。あまりポピュラーな魚ではないはずなのに、今年は遭遇率がやけに高い気がする。

東から北寄りに風向きが変わる。風に吹かれてユルユルと沖へ流されていく。潮止まりの時間が近づいていた。シーアンカーを使わずに80gのインチクで釣りを続ける。

そろそろ来るなと思いはじめたときにヒット。大物の感触だったが、あえなくバレてしまった。その数分後にふたたびヒット。今度は乗った。

けっこう重量感がある。いわゆるトルクのある引き。良型のサザナミダイか。

その引きに異変が起きた。途中から引かなくなったのだ。石のように重いだけ。嫌な予感が胸を満たしていく。

S140929w6_04e
イトヒキフエダイ(イヌバー)60cm

魚が元気でリリースできたのは幸いだった。それにしても、全然離れたポイントで苦手なイヌバーが立て続けに釣れるのはいったいどうして?

ワタシのことキライキライだなんてまあ憎らしい。意地悪してわざと釣られてやるぅ・・・とでも思ったのか。だとしたら、すこしカワイイ。

|

« オータム・ブルー | トップページ | スズメバチ来襲 »

コメント

こんなに釣れて不思議です(笑)
遊漁船乗っているときに1匹釣れたことがあってエンガワが美味しかったです!
カヤックで釣ってみたいです(≧∇≦)

投稿: 知公 | 2014年10月 6日 (月) 18時40分

いぬばぁ。美味しい魚なんですけどね。大型ではシガテラが心配なのと、リールを巻き上げるときのエッチラオッチラ感がハンパじゃないです (^_^;

投稿: tokajar | 2014年10月 7日 (火) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オータム・ブルー | トップページ | スズメバチ来襲 »