« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月20日 (月)

巨魚の岩屋

まだ暗いうちに起きてカヤックフィッシングの準備にとりかかる。10月下旬。例年なら鯛ラバからテンヤに釣法を変える頃だが、鯛ラバとインチクの2本立てで攻めることにした。

鯛ラバで釣りを開始。ほどなく小振りのオジサンをゲット。

S141020w6_03e

その後、すこし沖の水深50Mラインを目指す。下げ潮がそろそろ効き始めたなと思ったらアタリ。

根掛かりのようにビクともしない。すこし間を置いて猛然とダッシュする。が、ロウニンのように長くは走らない。止まるとテコでも動かなくなる。しばらくするとまたドラグをかき鳴らしてダッシュ。

今までに味わったことがない重量感だった。これを捕ったら自己記録更新は間違いない。とはいえ、PE 0.8の細仕掛けなので無理はできなかった。

時間をかけてじっくり仕留めようと腹を決めた。ヤツはまた悠然と走りだす。凄みのあるイブシ銀のような引き。一呼吸おいてフッと竿先が軽くなった。しばし呆然。その一方でコイツは無理だわと観念した。

回収した仕掛けをチェックする。切れたのがリーダーとの接続箇所なのか、そのもっと上なのかはっきりしなかった。根に潜られてPEラインが岩で擦られたような気もするのだが。

以前にもその周辺で大きなアカジンやイヌバーを釣ったことがあった。大きな根があってハタ系の大物が潜んでいるのかもしれない。

確実に大物を仕留めようと思えば、仕掛けを太くする必要がある。根の場所を特定するために魚探もほしい。巨魚への憧憬とシンプルで軽快なKF志向が頭の中でせめぎ合う。

そのあとはバラシが続いて魚の顔をなかなか拝めない。やっとガッチリ針がかり。引きが強いのでタマンだと思ったが、浮かんできたのは白いサカナ。

S141020w6_04e
サザナミダイ 40cm

波が高くなってきたので早めに帰岸する。パドルを握る手のひらに逃した大物の重厚な感触が蘇る。あいつの正体は何だったのか。もしかして、またしても犬婆・・・。

| | コメント (4)

2014年10月12日 (日)

スズメバチ来襲

7月の台風8号は沖縄本島に浸水などの被害をもたらした。今年は台風の当たり年にちがいない。そう覚悟したのだが、それ以降の台風は12号を除いて沖縄本島には接近せず、嬉しい肩すかしを食らった。

台風19号もきっとそうだろうと思いこんでいた。18号と同様に南大東島付近で東へ大きくターンすると。それが、台風情報を見てのけぞりそうになった。台風の経路が沖縄本島を貫いている。しかもこのヴォンフォン、今年最強のスーパー台風だという。停電は避けられないかも。

土曜の午前中、風雨ともに激しくなってきた。今夜から翌朝にかけてがピークだろう。停電で心配なのが冷蔵庫。冷凍庫は、停電しても開けなければ結構もつと聞いたことがある。それでも、冷凍肉は今のうちに食べておくことにした。

夕方になって風雨はさらに激しさを増した。サッシの浸水に備えて雑巾を準備する。懐中電灯も早めに用意した。

停電してもガスは使えるので食事には困らないはずだった。そのガスコンロがまともに機能しなくなった。点火してもすぐに消えてしまう。見ると電池交換のランプが付いていた。

原因がわかってホッとしてフタを開けると単2の電池が入っている。単3や単4なら予備があるけど単2はない。っていうか、ふつう使わないだろう、あんなデカい電池。

近くにコンビニはあるけれど、暴風雨のなかを外出する気にはなれない。冷凍食品と電子レンジで早めに夕食を済ますことにした。

夜になり、スズメバチ(ヴォンフォンの意味)の来襲はピークを迎えようとしていた。電線が今にも事切れそうに悲鳴をあげている。その耳を刺すような音を聞いていると気が滅入ってきた。

こんなときに役立つのがノイズキャンセリングのヘッドフォンだ。オンにすると暴風雨の音がかなりカットされる。ワイングラスを片手に録画してあった映画を観る。2本目を見終わると酔って眠くなってきた。

翌朝、玄関のチャイム音で目が覚めた。しばらくするとまた聞こえる。覗き穴から見ると人の姿はない。暴風雨のなかをピンポンダッシュか。

結局、停電は起きなかった。サッシの浸水もほとんどなかった。唯一の被害は無人のピンポンラッシュ。突然、玄関のチャイムが鳴りだすのだ。通話ボタンを押すと音は止む。が、しばらくするとピンポン、ピンポンと狂ったように鳴り続ける。

風雨で内部の配線がおかしくなったらしい。しかたないので配線の接続を一時的にはずした。日をおいてから再接続して様子をみるつもり。

こうして2014年の台風シーズンは幕を閉じた。そう信じたいところだけど、まだ気を緩めるのは早いような・・・。

Sr0011787eeee
ずっとこのままでもいいか・・・

| | コメント (2)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »