« スズメバチ来襲 | トップページ | ステップしりとり »

2014年10月20日 (月)

巨魚の岩屋

まだ暗いうちに起きてカヤックフィッシングの準備にとりかかる。10月下旬。例年なら鯛ラバからテンヤに釣法を変える頃だが、鯛ラバとインチクの2本立てで攻めることにした。

鯛ラバで釣りを開始。ほどなく小振りのオジサンをゲット。

S141020w6_03e

その後、すこし沖の水深50Mラインを目指す。下げ潮がそろそろ効き始めたなと思ったらアタリ。

根掛かりのようにビクともしない。すこし間を置いて猛然とダッシュする。が、ロウニンのように長くは走らない。止まるとテコでも動かなくなる。しばらくするとまたドラグをかき鳴らしてダッシュ。

今までに味わったことがない重量感だった。これを捕ったら自己記録更新は間違いない。とはいえ、PE 0.8の細仕掛けなので無理はできなかった。

時間をかけてじっくり仕留めようと腹を決めた。ヤツはまた悠然と走りだす。凄みのあるイブシ銀のような引き。一呼吸おいてフッと竿先が軽くなった。しばし呆然。その一方でコイツは無理だわと観念した。

回収した仕掛けをチェックする。切れたのがリーダーとの接続箇所なのか、そのもっと上なのかはっきりしなかった。根に潜られてPEラインが岩で擦られたような気もするのだが。

以前にもその周辺で大きなアカジンやイヌバーを釣ったことがあった。大きな根があってハタ系の大物が潜んでいるのかもしれない。

確実に大物を仕留めようと思えば、仕掛けを太くする必要がある。根の場所を特定するために魚探もほしい。巨魚への憧憬とシンプルで軽快なKF志向が頭の中でせめぎ合う。

そのあとはバラシが続いて魚の顔をなかなか拝めない。やっとガッチリ針がかり。引きが強いのでタマンだと思ったが、浮かんできたのは白いサカナ。

S141020w6_04e
サザナミダイ 40cm

波が高くなってきたので早めに帰岸する。パドルを握る手のひらに逃した大物の重厚な感触が蘇る。あいつの正体は何だったのか。もしかして、またしても犬婆・・・。

|

« スズメバチ来襲 | トップページ | ステップしりとり »

コメント

もしかして、またしても犬婆・・・。がウケました(笑)
自分は魚探おすすめです!
シンプルにいきたい日は外して釣行できますし(^_^)
アーラ記事待ってます!

投稿: 知公 | 2014年10月27日 (月) 22時44分

沖縄に来る前、東京湾で手こぎボートで釣りをしていたときは魚探を使っていました。なので、その有用性は十分に承知しており、いつまで我慢できるかなという感じです (^_^;

投稿: tokajar | 2014年10月28日 (火) 00時58分

初めまして、沖縄でカヤックやるには、自宅保管しかないですかね?

投稿: タマン | 2014年10月29日 (水) 02時15分

はじめまして。内地と違ってカヤックのレンタル艇庫はあまり聞かない気がします。沖縄でもカヤック人口は増えているので、探せばあるのかもしれませんが・・・。

投稿: tokajar | 2014年10月30日 (木) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スズメバチ来襲 | トップページ | ステップしりとり »