« 帰郷 2014 | トップページ | 夫婦カワセミ »

2014年11月23日 (日)

久志岳に登る

名護から近い辺野古岳と久志岳。米軍演習場が近くにあるため、どちらも登れる山だとは思っていなかった。最近、ネット上で久志岳の山行記をいくつか目にして登山道があることを知る。これは行かないわけにはいかない。

射撃訓練のない日曜に行くことにした。数久田集落の南側斜面を新しい道が山の上へと伸びている。急坂を登り切ると高台になっていた。ほどなく車道は行き止まりになり、左に下り坂の道が分かれている。

クルマを停めて前方の未舗装の道を進み、右側のガードレール脇から農道に下りる。草が刈られた農道をしばらく進むと小さな広場に突き当たり、左側に高圧電線の鉄塔がそびえている。この広場の右前方に細い道がある。それが久志岳へ向かう道だ。

S141123d51_35
右前方の道を行く。ケモノ道のようでわかりにくい
S141123d51_01
しばらく進むとこんな標識がお出迎え

足もとがシダで覆われてあまり気持ちのよい道ではない。足早に歩いていると、正面にロープが見えてきた。左側に久志岳のコースサインが見える。ここから本格的な登山道が始まる。

山頂までに分岐がいくつかあるが、コースサインに従って進めば問題はない。道はV字形に浸食された箇所もあるが、概して歩きやすい。名護岳のような階段状の道ではなく、自然な山道。その多くが稜線沿いなのも好印象だった。日差しを浴びた木々の葉が輝いて見える。

S141123d51_08

S141123d51_29ee_4

正面に久志岳山頂を望む地点で右側の斜面を登ると、見晴らしのきくピークに出る。ここはこのコースで一番の絶景ポイント。東海岸のキャンプ・シュワブと西海岸の名護市街をともに遠望できる。

S141123d51_23
ここを登る
S141123d51_11
キャンプ・シュワブ
S141123d51_12
辺野古岳
S141123d51_13
久志岳
S141123d51_14
名護市街地
S141123d51_15
恩納村方面

道は一度下って再び登りに。ほどなく久志岳山頂に到着。といっても展望は利かず、三角点の標識でそれとわかるだけ。山頂の少し先に東側の展望が開けた場所があるので、休憩するならそちらがお勧めだ。

S141123d51_16
S141123d51_17
米軍演習場とキャンプ・シュワブ

帰りも同じ道で下山する。無事に登頂を果たし、くつろいだ気分で写真を撮りながら歩く。

S141123d51_24_2
S141123d51_31
S141123d51_32
S141123d51_30

途中に辺野古岳への分岐があった。次回は辺野古岳にも足を延ばしてみたい。射撃訓練のない、好天に恵まれた冬の日曜日に・・・。

S141123d51_20e
まだ青い大浦湾も遠望できた

|

« 帰郷 2014 | トップページ | 夫婦カワセミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰郷 2014 | トップページ | 夫婦カワセミ »